今流行りの「切り抜き動画」の仕組みとは?

最近YouTube上でたびたび見るようになってきた「切り抜き動画」

確かひろゆきさんが最初かな?

短い切り抜きってよくみるよね。

あれ、なんで流行ったと思いますか?

やっぱり面白いから?

実は内容的には本人が載せた「本編」があるから、別に本編見れば良いんじゃん?って思っていまう。

それでも切り抜き動画が流行っているのは「ショート動画が流行るから」というのが理由。

YouTubeの動画の一部が切り取られてTikTokで拡散されて有名になるのと、原理は一緒です。切り抜き動画も短く面白いパートだけをカットして切り抜かれているので、一番のピークだけをみることができるという良いところどりなスタイル。

今回はそんな切り抜き動画について、成功例をちょっとした謎をみていきましょう。

流行りの「切り抜き」動画とは?

今YouTubeで流行りの「切り抜き」動画。

いろんな人の切り抜きが出てきたよね。

あれ、今まで見てなかったけど、実は無断転載じゃない。

よくあるテレビ番組の無断転載は「違法」ですが、切り抜きは本人から認証得ているものがほとんどのため、これは合法です。

よく「許可得てる」とはしっかり書いてますもんね。

ってことは運営しているのは本人じゃないんだ。

そう、本人は「本編」の動画をすでに載せていて、それのピークや面白い場所だけ切り取って、ちょっと編集を加えたりして出すのが切り抜き動画の特徴。

そしてどれも数分程度、なので1分のTikTokよりは長いけど、本編は数十分だからそう考えると短いよねー。

忙しいときのちょっと見たいという人のおすすめ。

それが今流行の「切り抜き動画」の特徴。

ショート系の動画が流行っていると考えると、しっかり理にかなっている。

短い動画を作らないクリエイターの動画を切り取って短い動画を作る、そうすでばすでに売れている面白いクリエイターさんの動画なので、面白くないわけないですよね。

例で言うと?

では早速「成功例」を見ていきましょうか。

今や切り抜きを公認してるクリエイターは沢山。

その中でも特に有名な切り抜き動画を見ていきましょう。

「ひろゆき」さん

まずは、恐らくこの切り抜き動画の火付け役となった「ひろゆき」さん。

あの「2ちゃんねる」の設立者で論破王としても有名なひろゆきさん。

確かに、切り抜きめっちゃみる。

一番切り抜きスタイルが合ってたクリエイターさんだね。

元々、ひろゆきさんはライブ配信で1時間、2時間と長編ものの動画をアップしていました。なので無編集、そしてめっちゃ長い。聞き流ししているには丁度いい動画なのですが、最初から最後まで全部みていると結構な時間になります。

そこで流行ったのが切り抜き動画。

本人も公認していて、その長い動画の中の面白い場面やピーク時を切り取って、字幕を追加するなどすこし編集を加えて、数分の動画にまとめる。

そりゃ流行ります。

元々長時間の動画でもけっこうな再生数を叩き出していただけに、短い動画が出回っていると、さらに気軽に視聴することができて、それで面白いと思ったらそこから本編もみにいけます。

切り抜き動画はまさに一番合っていた。

https://www.youtube.com/channel/UC059SA_tX-AptG0JdMgDG3g

ご本人様(ひろゆき, hiroyuki)YouTubeチャンネル

中田敦彦さん

そして「YouTube大学」で有名な中田敦彦さんも切り抜き動画を始めています。

登録者は500万人近くの超人気クリエイター!

でも切り抜きスタイルってどうなんだろう?

確かに、中田さんの動画はどれもストーリーになっているので一部だけ切り取ると文脈的におかしくなるのでは?と疑問がうまれますが、そんなことはありません。

本の内容をしっかり聞きたい人は本編を見ればいいのですが、「エンタメ」として楽しみたいのであれば切り抜きはうってつけ。

2−3分の短い動画で、その動画のピークをみることが出来ます。

中田さんの動画も長いのが多いもんね。

確かに、数十分とか多いね。

10分−20分程度だったら別に本編をみればいいでしょうが、長い動画となると1日じゃ見れませんよね。

1時間のYouTubeなんて3日くらいに渡ってずっと視聴しないといけません。

だから切り抜き。

クライマックスだけを切り取った切り抜き動画、これ、新しいYouTube動画のスタイルで少しみてみると結構面白いです。

編集も加わって更にみやすくなっていて、良い。

https://www.youtube.com/channel/UCwg87jgwQPtJg0OzDRlOmPQ/featured

短い動画が流行る理由

そもそも何故短い動画が流行るのか?

その理由はわかりますか?

やっぱり見やすいから?

YouTubeも「YouTubeショーツ」と作ったり「TikTok」が世界中でメチャメチャ流行ったり、インスタグラムだって「リール」なんて初めて、各SNSがみんなショート動画に対応してきています。

これ、何故流行っているのか?

パット隙間時間に見たい人が増えたから。

今までYouTubeはちょっと動画が長いので夜の時間にゆっくりみたり、休日にみていた方が多いでしょう。

あなたもその一人かもしれません。

でもすると通勤中の空き時間とか、ちょっとした待ち時間には見れませんよね。

え?見てたって?

でもやはり、「ショート動画」の方が見やすい。

1分で動画が終わるんですから、本当に隙間時間にみれます。

そこまで依存性が高いというわけだ。

短いからいつでも、どこでも、気軽にみれる。

数分という短い間に面白いコンテンツをみることができるようになってきたのですから、その依存性はメチャメチャ高い。

利用者が動画の依存症になってくれれば、それは配信している人にとっても、そのプラットフォームを提供している会社にとっても、一番願っていることです。さらに長時間使用してくれるようになるので、依存症にさせたいんです。

だからこその「ショート動画」

ちゃんと考えられてる、戦略的な動画の形だね。

い、依存しないようにきをつけよう…

切り抜きから考える今後のYouTube市場

切り抜き動画から今後のYouTubeを考えてみた時に、YouTubeは今後「短い」コンテンツの方が流行っていくでしょう。

最近のトレンドをみても一目瞭然。

長くて聞き流せる、半分ポッドキャストやラジオみたいにも使える長編動画か、エンタメ系は短いコンテンツでいかに生活のスキマ時間にも気軽にみれるように、かつそこから生活を忘れてのめり込んでいくようにと計算しつくされたショート動画か、そのどちらかの2極化が進むでしょう。

YouTube業界はもう終わってきたと言われますが、そうでもない。

伸びてるクリエイターが変わってきただけです。

そして新しい形として10分以下の短い動画か、ラジオ感覚で聞き流せる長い動画、その2つのカテゴリーが伸びていくでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

著者「ゆうき」

マレーシア在住18歳学生ブロガー。マレーシアの名門インターナショナルスクールに9年間通い、日本語・英語・中国語が喋れるマルチリンガル。2018年には討論アジア大会で入賞、2020年にはオックスフォード大学主催の論文コンテストでカテゴリー入賞。複数のウェブサイトやブログを運営。  

フォローおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です