日本の「いじめ」は世界問題レベル。

日本で度々ニュースに取り上げられ、問題となっているのが学校での「いじめ」問題。

これは国内だけでなく、世界的に「日本のいじめ」について議論されています。

なんで世界が注目してるの?

日本はいじめ問題が多すぎるから…

他の国ではまったく無いというわけではありません。

ただ、日本は異様にいじめが多すぎるんです。多様性を認める風潮がある国ではいじめは起こりませんが、なんせ同調圧力大好きな日本。人と違う=悪なのでちょっとでも違えばいじめの対象となります。

そんな日本のいじめ問題について、世界の数値と比べて、世界ではどのように報道されているのか、世界の視点から日本のいじめ問題を探ります。

日本のいじめ件数

日本のいじめの件数、これはあまり最新のデータではありませんが、2019年の数値をみればその異常さがわかります。

2019年1年間で報告されたのは「61万件」

そんなに多いの?

毎年、増え続けているんだよ

実にその増加率は5年前と比べて「400%」

いじめ件数はたった5年で、4倍になっています。

そしてもうひとつ厄介なことがあり、それは日本は少子化社会のため年々「子供の数は減少している」ということ。すると比例していじめ件数も減っていく、、と思いきやそれが4倍の数にまで膨れ上がっているというのが問題とされています。

確かに、考えてみればそうだね、、、

この記事は「何故いじめが起きるのか」や「どうやって無くしていくのか」という記事ではないので、ここでは省きますが様々な要因が挙げられています。

詳細についてはこちらの記事が詳しくておすすめ。

Huffpost

世界的にみてこの数は多い?

ではこの年間61万件という数字が世界と比べてどれだけ多いのか、同じ先進国と比較してみます。

Soundvisionによると、アメリカで2008年から2009年の間に一度でもいじめにあった事があると答えたのは7百万人にものぼります。

日本より多いじゃん!

生徒の3人に1人という事実…

ただ日本とシステムが違うため、この数字がどれほど正しいかは未知数。そもそも「年間」のいじめ件数ではなく、2008年に「過去一度でも」いじめにあった人という統計を取っているので、そのデータ。

7百万人全員が2008年にいじめを受けたというわけではないんだ。

さらにヨーロッパ最悪水準のイギリスでは、生徒の「7割」がいじめにあったことがあると言われています。

いじめ受けたことがある人の方が多いってこと?

イギリスは格差社会だからね、、、

イギリスや日本のいじめ問題は社会的に大問題となっていて、実は過去に似たような国がありました。

それが今や教育に関しては世界トップレベルと言われている「フィンランド」です。

1990年代にいじめが深刻化したフィンランドでは、KiVaといういじめ対策プログラムを実施。

どんなプログラムだったの?

いじめ問題の様々な立ち場になった「感情」を考える、簡単なシミュレーションだよ。

それを長期間やったわけではありません。

授業の中の一つとして、時々取り入れていました。

年間でみても1時間たらずの時間を費やしただけで、それ移行いじめ件数は減少傾向になっています。

いじめる人が減ったのもそうだけど、「仲裁者」が増えたからこそなんだ。

友達が助けてくれるのが一番だもんね。

日本は若者の死亡原因でもっとも多いのが「自死」

日本の若者の死亡原因で一番多いのが「自死」と言われていて、これは先進国としてみれば日本だけ。

2020年の自死人数は10代だけで777人、「新型コロナウイルスの影響」もあるでしょうが、それだけでこんな数字になるでしょうか?

これが世界的に議論されているの?

僕も数多くの討論の場面でこれは言われた…

2018年の記事ですが、アメリカのCNNは以下のような記事を出しています。

Japan’s youth suicide rate highest in 30 years(日本の若者、自死率が過去最多に)

また数多くの報道で言われていたのは「若者の死亡原因」で一番多かったのが自死。この結果は世界の先進国で日本だけです。

先進国でこの結果は唯一

日本の一番の死亡原因は「癌」

しかし、それは「全年齢」を対象にみた場合。

学生は違うの?

日本では若者の死亡原因で一番多かったのが「自死」

Japantoday

これを世界と比べてみましょうか。

アメリカで最も多い死亡原因は10代で見た場合は「事故」です。

cdc

病気でもなく事故はちょっと意外

アメリカは治安も悪いし、事故率は高い、、、これはこれで問題だけど

イギリスの場合は癌と事故。

stateofchildhealth

なるほど。。。

各国TOP5には「自死」が入っていますが、日本はそれが「一番多い」というのが世界的にみて「それは問題があるでしょ」と言われても反論は出来ません。

この数値がものがたっていることは?

この数値が物語っている事実、これはわかりますか?

日本もいじめ相当多いんだね、、、

いじめ いじめ問題 いじめ件数
厚生労働省引用

他の年代の自殺率が減ってきているというのは日本は頑張っている証拠。しっかり対策をしようという姿勢が伺えます。

でも唯一増えているのが「10代」というのも残念な点。

こんなグラフあったんだ、、、

これは厚生労働省が発表したデータ。

総数は減っているのに、10代、そして20代だけ増えているのがすごく気になる。

同調圧力が強い日本だからこその結果

アメリカのような「自由な国」でもいじめは社会問題になっていて、多く取り上げられています。

多様性に慣用的で人と違うことが比較的認められる環境でもいじめが起こりますが、日本の場合は「人と違う」ということがいじめの原因で一番多いです。

性格が合わなかったり、趣味が合わなかったり、話が合わなかったり、人とちょっと違うだけで「あいつ変だよ」となるのが日本の同調圧力の欠点。人と違うことがすぐに「悪」となる社会風潮を変えないとこのデータが覆ることはないでしょうね。

参考文献:
厚生労働省 令和2年中における自殺の状況 2021-03, 2021-07-07閲覧 https://www.mhlw.go.jp/content/R2kakutei-01.pdf(pdf)
RCPCH Adolescent Mortality 2020, 2021-07-07閲覧 https://stateofchildhealth.rcpch.ac.uk/evidence/mortality/adolescent-mortality/
JapanToday Suicide Leading Cause of Death 2021, 2021-07-07閲覧 https://japantoday.com/category/national/suicide-leading-cause-of-death-among-young-people-in-japan-statistics-show
CNN Japan’s Youth Suicide Rate High 2019-11, 2021-07-07閲覧 https://edition.cnn.com/2018/11/05/health/japan-youth-suicide-intl/index.html


最後まで読んでいただきありがとうございました。

著者「ゆうき」

マレーシア在住18歳学生ブロガー。マレーシアの名門インターナショナルスクールに9年間通い、日本語・英語・中国語が喋れるマルチリンガル。2018年には討論アジア大会で入賞、2020年にはオックスフォード大学主催の論文コンテストでカテゴリー入賞。複数のウェブサイトやブログを運営。  

フォローおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です