【バイリンガル】英語を勉強する最善なほうほう

英語の勉強を効率よくしたい!

でもいったいなにから手をつけて、なにを勉強すればいいのか、全然わかりませんよね。

どんな勉強法がいいのかもわからない!

確かに、これは悩む。

特に日本に住んでいるというあなた、英語を使う機会なんてほぼないから無理!って諦めていませんか?

諦めるのはまだ早い!

英語をこれから勉強しようとしているあなた、もしくはこれから英語を勉強しようとしているあなた、この記事では一般的に使われている4つの英語の勉強法を徹底比較、そして全ての方法にたいして始め方も紹介します。

4種類の中から自分にあった勉強法を使って、バイリンガルを目指しましょう!

英語の勉強方法の種類

まず今回紹介する4つの勉強法を見ておきましょう。

勉強法4選

  • 丸暗記
  • 聞き流し
  • 英会話教室に通う
  • オンライン英会話

今日の記事でみていくのはこの4つ!

どれが一番良いの?

それはあなたの勉強法によって変わるから、全部みて自分できめてください!

「この方法が一番良い!」と謳っている商品もおおいですが、勉強法はみんな違うんだから一番良いかどうかは見てみないとわからない。そこで今回は4つ全部みて自分にあった勉強法を見つけましょう。

バイリンガルへの近道です!

効果的なものは?

では効果的な勉強法というのを見てみましょうか。

語学を習得するためには「反復」が重要です。

やっぱり繰り返しか、、、

特に喋る練習!

日本人は英語が苦手といわれていますが、それは「しゃべれないから」であって別に書けるし、多少は読めます。

そこで効率いい勉強法は「自分の苦手な分野だけ反復」です。

文法はすでに出来ているならスピーキングをメインに、逆にスピーキングができているならライティングに力をいれる、などと自分のレベルとスタイルにあった勉強法を選ぶことが重要ですね。

絶対に避けるべき勉強法は?

絶対に避けるべき勉強法、それが「中学英語」

え、あれダメなの?

最悪。

中学で英語を勉強して、喋れるようになったという方がいたら手を挙げて下さい。

居ないでしょう。

中学英語は「基本」の触り部分の文法だけを勉強しているまったく効率の悪い勉強法。

しかし中学までに英語を勉強する時間は約380時間。これ、ある程度の英語はできてもおかしくないレベルです。

英語を完全に喋れるようになるには最低3000時間必要といわれていますが、380時間でもTOEICなら問題ないし、さらに高校でも英語を勉強したら述べ1500時間になります。

それだけあれば「日常会話」はできてもおかしくない。

でも喋れるようにならなかったよ、、、

それは「効率悪い」から。

なにがあってもあの方法は避けましょう。

丸暗記法

さあ、では効率的な勉強法がわかった所で、まず見ていきたいのが「丸暗記法」

反復が重要だったもんね。

まずは単語を暗記しよう!

ただ暗記といっても「ひたすら書くだけ」ではダメです。

まず基本レベルの勉強から始めるなら順暗記カードが人気。順番にだしてくれる事で暗記の効率があがり、さらに頭の中で整理しながらすすめる事ができます。

でも暗記は苦手だよ…

じゃあ誰でも絶対暗記できる方法で英語をおぼえましょう。

それが「リズム」を取り入れる事です。

周期表だって語呂合わせで覚えていくでしょう?あれがなぜ覚えやすいかって、曲になって、リズムがあるから脳が受け入れやすいんです。だったら英語もその方法で暗記すれば近道。

リズム感ある音楽を聞きながら単語を暗記する「ダンスde英単語」はCD付きでリズムにのって単語を暗記することができます。

暗記の近道があるのだから、そのトリックを使っちゃいましょう!

繰り返し「聞き流し」法

では、丸暗記法をみてきましたが、やっぱり暗記は苦手というあなた。

もうちょっと日常の中で取り入れられる方法がいいな。

じゃあ聞き流し、使ってみます?

聞き流し英語には賛否両論あります。本当に効果があったという声から、結局覚えられなかったという声まで。

著者は中国語で聞き流し勉強法をためしてみましたが、「ある一定の」効果はあります。

リスニングの強化はできるけど、ある程度単語も平行して勉強しないと覚えられない。

聞いてるだけじゃダメなのか…

耳は英語に慣れてくるけど、それだけでは英語を喋れるようにはなれない。意味がわからないものを聞き流していても、覚えないでしょう?

だから単語の勉強と平行しておこなうとその効果は抜群!

この聞き流し法はとくに大人の方に人気の英語習得法です。

日常から取り入れられるもんね!

通勤中に流していても良いかも!

通勤中の数十分を英語の勉強にあててスキルアップしましょう。大人のかたであれば多少なり英語の単語はわかるので(中学・高校で基礎は学んでいる)聞き流しリスニングが支持されています。

英会話教室に通う

独学じゃ無理だったんだよ!

だったら英会話教室に通うのは英語を勉強する王道の方法ですね。

一番効果あるんじゃない?

それはね、人による。

何年も英会話教室にかよってもできない人だっています。でも独学数ヶ月で喋れるようになる人もいます。

結局自分にあった勉強法かどうかということ。

でも英会話教室というのも見てみましょう。

英会話教室として国内で人気になっているのはコマーシャルでもみかける「イーオン」や「ECC外語学院」

プランの確認や自分にあったコースが用意されているかは以下のリンクよりご確認ください。結構コースの幅は広くなっていて、お子さんから大人のビジネス英会話まで対応しています。

イーオン

ECC

オンライン英会話を利用する

英会話教室に通うのはちょっと面倒、、、でも独学はできないというあなたには「オンライン英会話」が合うでしょう。

なんだかんだ今人気の方法!

最近増えてきたよね!

これは「オンライン英会話」とは少し違いますが、一番英語学習で重要な「アウトプット」に力をいれているHINATIVE Trekさんのサービス。

オンラインのメリットはネイティブの講師と直接話せるということで、ネイティブと話せれば自分の自信にもつながるし、本場の発音を聞くリスニングも鍛えられるという優れた手法。

月額と年額の2つのプランが用意されていて、持続的に英語を学習することができます。

お子さんに英語を勉強させたいというあなたにはこちらの方が合っているでしょう。

Global Crownのおうち英会話マンツーマンレッスンは3歳から12歳のお子さんを対象に行われているレッスンで、バイリンガルの講師がマンツーマン、もしくは少人数のグループでレッスンを開きます。

マンツーマンのプランではバイリンガルの講師が1対1で自分のレベルに合わせてフォローしてくれるということで、特に初めて英語を勉強するというお子さんから人気を集めています。

グループセッションではプレゼンなどの3−5人で行うアクティビティも用意されていて、遊びながら今まで英語全く勉強してきていないというお子さんでも気軽にはじめられます。

まとめて

今日は「効率のいい英語勉強法」を4つみてきましたが、自分にあった学習法はみつかりましたか?

おさらい

  • 丸暗記法
  • 聞き流しリスニング
  • 対面式の英会話教室
  • オンライン英会話

今回はこの4種類をみてきましたが、この4つの中から自分にもっともあったスタイルをみるけることが重要。

ちょっと試してみようかな。

特にオンライン英会話はスタイルが沢山あるから全然違う方法で運営している所もあるよ!

選択肢が増えてきていることで、さらに自分にあった勉強法をみつけられるのでまずは最初の第一歩をふみだしてみましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

著者「ゆうき」

マレーシア在住18歳学生ブロガー。マレーシアの名門インターナショナルスクールに9年間通い、日本語・英語・中国語が喋れるマルチリンガル。2018年には討論アジア大会で入賞、2020年にはオックスフォード大学主催の論文コンテストでカテゴリー入賞。複数のウェブサイトやブログを運営。  

フォローおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です