【どれが良い?】いちばん使いやすい計算機を見つけたけど…

関数電卓を買ってきてと学校から言われるのはちょうど中学生頃。

インターナショナルスクールでは関数電卓を使い数学の授業を進めます。授業で計算機の使い方を学び、テストでも電卓を使って計算します。

数学の授業なのに計算機はチートじゃない?

でもちょっと考えてみたら、納得するよ。

「暗算」ってある程度は出来たほうがいいですけど、ある程度できてれば必要ないじゃないですか?

社会にでてから、「暗算」をする機会ってどれくらいあります?

そんなにないかもね、、、

計算機あるからね。

そこで半一生モノとしても使える超高性能な関数電卓を5つみていきます。

学校で使い始め、テストで使い、大学で使い、大人になってからも使える、今回はそんな高性能な商品がそろっています。

計算機比較

この記事では学校やオフィスで使える「関数電卓」の比較を行います。普通の関数電卓から高性能な物まで、全5商品を見ていきます。

関数電卓なんだ。

ふつうの「電卓」もいいんだけど、学校では関数電卓と指定されるし、テストでつかえるのも制限があるから注意。

そして高校や大学のむずかしい数学の計算となると、どうしても「関数電卓」でしかできない計算式もたくさん出てきますし、それを効率よくこなしていく為にも「関数電卓が良い」だから指定されるんだ。

だから電卓じゃだめなのね。

学校ではとくに難しくなっていくからね!

という事でなぜふつうの電子卓上計算機ではなく関数電卓かわかったところで、この記事は関数電卓だけをみていくよ!

(ふつうの電卓は他の方がたくさん記事を書いているというのもある…)

じゃあさっそく関数電卓をみていこう!

CASIO 関数電卓

まず計算機といったら思い浮かべるのはどのメーカーでしょうか?

そう、「カシオ」です。

カシオ製の関数電卓は世界的に人気で、多くの国で販売されているだけではなく、実はお値段も関数電卓としてはそこまで高く無いというのが特徴です。

以下はカシオの「FX-JP900」というモデルで、基本的な機能が全て揃っています。

カシオ製の関数電卓の機能はなんと「700以上」といわれていて、これは普通に使いこなすのがむずかしいレベルです。

そんなに使いかたの暗記すらできないよね。

700は多い!

これだけ揃っていればできない計算はないでしょう。

カシオ製の関数電卓は以下のリンクよりごらんいただけます。

SHARP 関数電卓

そしてあの家電メーカーも関数電卓をつくっていて、それはちょっとオシャレな家電でしられている「シャープ」です。

シャープさんが電卓つくってるなんて知らなかった!

やっぱりちょっとスタイリッシュね。

みため、少しすっきりしていますよね。

しかし機能はまったくかわりません。

スタンダードモデルで559の機能が収録されていて、すこしすくないかもと感じたそこのあなた。

エクスパートもモデルでは710の関数が収録されているので、じぶんの使用用途にあったモデルを選ぶことができます。

この電卓にはカラバリが3種類あり、下にのっているのは「ブルー」のモデル。ブルー以外にも赤と白のモデルも展開されています。

ちょっと気になったそこのあなた、以下のリンクよりシャープの関数電卓を確認できます。ほかのモデルと比べて性能の違いなどをみてみましょう、使用用途によって使い分けるといいですが、学校で使うとなるとエクスパートモデルくらいの関数があると最適です。

CANON 関数電卓

「プリンター?」ではありません、キャノンだってしっかりとした関数電卓をつくっています。

下のF-715SA-WHというモデルはなんと「2行表示」することができ、長い計算式でも問題なく打ち込むことができます。ソーラーでも電池でもどちらでもいいというのもこの商品の特徴のひとつ。

ソーラーだと部屋が暗かったから表示できないなんて経験はありませんか?

特に雨の日!

あるある、、、電球のしたに移動してやったっけ、、、

電池式はその問題がないのでどんな環境でも安心して使うことができます。

全面がホワイトで統一されていて、それなりにスタイリッシュなデザインですよね!

ハイビスカス計算機

「ハイビスカス計算機」はカシオが販売する計算機のプロモデル。測量のプロなども実際にこの計算機をつかって測量をします。

じゃあ学生向けではないのでは?

確かに、これは学生むけではないね…

学生さんにはおすすめできないですが、プロも使っているモデルという事で計算機好きとして興味本位でのぞいてみました。

するとねビックリ。

特殊ななにかがあったの?

座標登録ができるw

いらねー!!

ごめん、ごめん。

こんな高性能な測量電卓も世の中にはあるとあたらしい発見をしましたとさ。

一応、下のリンクから確認することができます。もし興味があるかたがいたら、クリックしてみて下さい。

Texas Instruments

今回の本命は次の商品です。

アメリカの「Texas Instruments」が販売するグラフ計算機はアメリカの学生の間で超絶な人気をほこる、チート級の計算機。

なにがそんなに特別なの?

グラフかける。

表もだせる。

登録すればだいたいの式は暗記させられる。

高性能過ぎるのですが、なんとこれ「テスト使用可能」です。

いや、ずるじゃん!

本当に「ズル」とおもうレベルに性能がいいのですが、しっかりとアメリカの教育団体「College Board」にSAT(日本の共通テストの様なもの)での使用が許可されています。

インターで「計算機買ってきて」といわれたらこれにしましょう。

一度かったら大学まで使えます、いや、大学卒業後でもじゅうぶんに使いつづけられます。

そんなに長持ちなのか。

僕は充電しながらもう4年つかってるよ。

でも4年なんてこの商品も寿命からみたらまだ序の口、10年以上使い続けている数学の先生がいたので、そうとう持ちます。

一回がちょっと高いけど、ずっと使えるし、テストでも使えるからいい!

なので学生さんはこの「Texas Instruments」をチェック!

以下アマゾンもしくは楽天で購入できます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

著者「ゆうき」

マレーシア在住18歳学生ブロガー。マレーシアの名門インターナショナルスクールに9年間通い、日本語・英語・中国語が喋れるマルチリンガル。2018年には討論アジア大会で入賞、2020年にはオックスフォード大学主催の論文コンテストでカテゴリー入賞。複数のウェブサイトやブログを運営。  

フォローおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です