【チート級】TI-84計算機の購入方法と基本的な使い方3選

日本ではあまり馴染みのない「TI-84」計算機。

アメリカでは全人口が知っているほど大人気の計算機となっています。

テクサスインストルメンツが製造している関数計算機の「TI-84」はテストでも使用され、インターナショナルスクールでは必須のアイテムとなっています。

そんなすごい計算機なの?

もうね、チート級。

性能が良すぎてテストに使用しても本当にいいのか、と罪悪感に包まれるほど。

今回はそんなTI-84計算機の購入方法から簡単な使用方法までまとめています、学校から「計算機買ってきてね」と言われたらこの記事を参考にして下さい。

著者「ゆうき」

マレーシア在住18歳学生ブロガー。マレーシアの名門インターナショナルスクールに9年間通い、日本語・英語・中国語が喋れるマルチリンガル。2018年には討論アジア大会で入賞、2020年にはオックスフォード大学主催の論文コンテストでカテゴリー入賞。複数のウェブサイトやブログを運営。  

TI84計算機

TI-84計算機はテクサスインストルメンツが販売している「グラフ関数計算機」

名前からしてすごそう。

めっちゃ高機能です。

このTI-84計算機はテクサスインストルメンツが出す計算機の中でも一番の人気商品、多くの学校や大学などでも使われている、留学生さんは必見アイテム。

特に理系の学部では多用されています。

グラフを出力させたり、式を記憶させたり、理数計算機の中でも特に性能が高い、学校に「計算機が必要になるから買ってきて」と中学生頃に言われたらこれがおすすめ。

これ1台で大学まで使える、そんな長寿商品となっています。

購入はこちらから

そんな超高性能計算機「TI-84」は以下リンクから購入が可能。

こちらは正規輸入品となっているので保証もついている、並行輸入品が多い中、正規輸入品はしっかりと保証を受けることもでき、並行輸入と大して値段も変わりません。

やっぱ正規品がいいね!

計算機としてはめちゃめちゃ高い値段となっていますが、それだけの機能がついていて、長持ち。一回購入すれば大学卒業までこれ1台で、さらに仕事でも使えるでしょう。

学生のときに買ってから10年以上使っている人もいるよ!

購入したけど、どう使えばいいの?

問題は購入したあと、この計算機「多機能」すぎて一体どうやって使ったらいいのかわかりません!

確かに関数電卓って多機能だけど、そんなに?

もうね、ボタンが多すぎ!

アメリカンスクールの数学の授業では「計算機の使い方」が定期的に組まれていて、授業の一環としてこのTI-84計算機の使い方を勉強します。

数学で計算機の使い方だって!?

それだけ高機能なんだよ。

充電式です

そんな多機能のTI-84計算機、実はリチウムイオン電池充電式となっています。携帯と同じように充電する必要があります。

充電ケーブルは付属されていますが、アダプターは入っていないので注意。携帯のアダプターと同じもので使えるでしょう。(通常のUSBです)

どれくらいの周期で充電してるの?

僕は数ヶ月に1回程度。

計算機なのでそこまで電力使わないというのと、バッテリー容量がそれなりに大きいので充電はそこまでこまめにしなくても大丈夫。

ただテスト前は充電忘れずにね!

テスト中に使えなくなると相当困ります。(経験者)

基本的操作は一緒。

グラフが書ける、数式を出せる、そんな方法はたくさんあるので別に紹介するとして、通常の「足し算・引き算・掛け算・割り算」は普通の電卓と一緒。

スイッチの配列も一般的だよ。

なら安心。

通常通り「ON」のスイッチを押して電源を点け、すると通常通りに使えます。

時々ソフトウェア・アップデートされているので何か表示が出てきたらアップデートが終わるまで待ちましょう。1分程度で終わるはずです。

表示が全部英語なのは気をつけてね。

基本的操作は一緒、ボタンに書いてある通りですので、まずはそこになれましょう。

しかしこのTI-84の醍醐味はそんな単純な計算では無い、色付きのグラフを出したり、計算式を打ち込まずに出力する方法があるのです。

グラフを出す方法

このTI-84計算機の一番の魅力といえばグラフが出せるという事。

計算機でグラフだって???

エクセルみたいでしょう。

計算機本体の右上に「Graph」というボタンがあります。

事前に式を入れておく事でこのボタンをクリックするとグラフを出力する事ができます。

これは便利だねー。

ただちょっと操作がややこしいので注意。

事前に式を入れておく必要があるのですが、その式を入れるためにはGraphとは違うボタンに式を入れて設定する必要があります。

左上端のボタンに「Y=」というボタンがあるのですが、ここに式を入れる事が必須。じゃないと「何出力すればいいの」とエラーになります。

試しにY=の一番上の式に入力してみてください。

たくさん欄があるのは複数の式を入力する事ができ、一気に表示させることができるからです。しっかりカラーになっていて沢山の式を入力してもしっかり見えます。

式を入力してから「Graph」と押すとしっかりと表示されます。

テストにはこのグラフを写すだけ!

めっちゃ簡単じゃん!

実は式も使える

さらに何が便利ってその収録されている式の多さ。

事前に式が登録されているんだね。

その種類が多すぎて全然使いこなせない

「Math」というボタンを押すと複数の式が登録されている事が確認できます。Fracは分数に変換、Decは小数点に変換、そんな機能はもちろんの事、ルートやLog、素数分解、積分、とまあ思いつく事はなんでもできる。

そんなに全部できるの?

これはまだまだ序の口。

マトリックスを入力する事もできたり、Distrを押すと(2nd→Vars)確率系の式も収録、Prgmでは自分で事前に式を複数個登録する事もできます。

だから事前に勉強した式を登録させておくこともできる!

表だって出せるし、もうエクセルができる事はほぼこの計算機もできます。

ただあまり細かいグラフの調整ができなかったり、デメリットもあるのでそこをしっかりと理解すれば自分の脳と計算機の掛け合わせて怖いものは無し!

今後どんな数式が出てきても怖がらずに確実に問題を解けます。

チート級の性能

これはチート級の機能ですよね。

もう何も暗記しなくていいじゃん。

暗記は計算機の使い方だけ!!

こんな便利な計算機があるのですが、もうほぼ「エクセル」状態。

自分で式を登録する事もできるので、これは計算捗りそうですよね。

でもこれは流石にテストでは使えないんじゃ。。。

それが実はね。。。

「使えるんです」

テスト使用可です

こんなに多機能で便利なTI-84計算機、実は「テスト」でも使用可能となっています。

小テスト?

いやいや、列記とした「進学テスト」

進学テスト時にもTI-84は使用可能。

SATと呼ばれるアメリカの進学適正テストの数学セクション「計算機部門」で使うことができるのは明記されています。

計算機部門だって???

これを使うことが推奨されてるテスト部門。

だから使いましょう。

使い方も覚えましょう。

進学テストで使います、そしてこの計算機がしっかりと使えると数学テストのスコアは確実に上がります、だって計算しなくていいんですもん。

式も登録しておけば本当に「当てはめるだけ」なので簡単。

これが公式に認められている。

す、凄い、、、

この多機能計算機「TI-84」はテストで使用可能ですが、同じくテクサスインストルメンツから発売されている一部計算機はこれ以上に「多機能すぎ」で使用不可のモデルもあるのでお気をつけください。

これくらいが丁度いいです。

今回はそんなグラフもできる関数電卓、TI-84の紹介でした。最後にもう一度購入リンク貼っておきますね、説明を読んでみて購入してみたくなった方、学校で必要といわれた方はこちらからご購入頂けます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

フォローおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です