【英語】英語脳を育てないと「バイリンガル」とは言えないよ。

「完全なバイリンガルって脳が変わってるんだよ」

いったい何言ってるのかわかりませんね?

何言ってるの?

まあまあ、少し話を聞いてください。

何々?

英語と日本語話す人、特に両方をスラスラと喋れる人、

「脳が分かれています」

なんか少し聞いたことあるかも。

バイリンガルの方、結構こんな事言っています。

「バイリンガル脳」がどういう物か気になりますよね。

英語→日本語に変換しないで考えられる理由と英語脳が育つ方法をこの記事では徹底解析。バイリンガルの著者、日本語と英語両方をネイティブレベルで扱う方法をバイリンガルの著者がバイリンガルに聞き纏めました。

著者「ゆうき」

マレーシア在住18歳学生ブロガー。マレーシアの名門インターナショナルスクールに9年間通い、日本語・英語・中国語が喋れるマルチリンガル。2018年には討論アジア大会で入賞、2020年にはオックスフォード大学主催の論文コンテストでカテゴリー入賞。複数のウェブサイトやブログを運営。  

英語脳

「英語脳」なんて言葉を聞いたこと有りませんか?

英語って日本語と使う脳違うの?

さすがに、そんな事は無い。

両方とも「言語脳」です。

但し、日本語を理解する時って「日本語で理解」し、難しい単語が出てきたら「さらに簡単な日本語で」理解しようとしますよね。

それ。

バイリンガルの人は「英語脳」を持っている人が多い。

どういう事?

この記事では実際に「バイリンガル」の著者が「バイリンガル」の人に聞き分かった共通点「バイリンガルの脳の仕組み」について書いていきます。

科学的根拠に基づいていませんが、実際にバイリンガルの方数名に聞いた内容になっているのでとても信頼できる「ファーストソース」になっている事は間違いなし。

これであなたもバイリンガルになろう!

バイリンガル脳とは?

バイリンガルの人の脳がどうなっているのか、気になりませんか?

確かに、2言語をネイティブレベルで話すって不思議、、、

バイリンガルの本人は気づいていない場合が多いですか、、、

実はバイリンガルでスラスラと多言語を喋れる人は「日本語脳」と「英語脳」を分けて使っています。

つまり、英語で聞いたものを日本語に変換して考える」という事はしません。英語でインプットされたものは英語で考え、英語でアウトプットします。

それ日本語でどういう意味?と聞いて時間がかかるのはそれが理由。

凄い英語上手なのに翻訳苦手な人ってそういう事なのね、、、

バイリンガルの人は「え、今なんて言ってたの?」と突然聞かれても結構考えます。

なんせ英語でインプットされたものは英語脳を使い英語で処理されるから、です。

帰国子女が日本語苦手、と言われる理由もこれ。

日本語のインプットは日本語で処理され、日本語で理解しますが、それは英語脳と繋がっている訳ではありません。

2つの言語を一緒に考えると混乱してしまうので「分けて」理解しています。

実際にバイリンガルの方へ聞いてみました。

バイリンガル学生さんだからこそ「インプットした言語で処理する」というのが出来ているのですね。バイリンガルの人の脳がどうなってるのか、少し理解できた気がします。

英語と日本語を分けてる、ってなんか不思議。

そんな言語脳については研究もされてるんだよ。

バイリンガル脳について研究結果

アメリカペンシルベニア州立大学(あの有名大学)のジュディス・クロール氏はバイリンガルの言語脳に関して研究しました。

ジュディス氏は心理学者でバイリンガルの能力と「第二言語」を話す時脳はどう切り替えているのか、混ざる現象は何故なのかを研究してます。

そんな研究あったんだ!

これは面白い!

その研究結果「言語スイッチ」というものがあり、脳内でそれを使って使い分けている、だから切り替えに時間がかかるし、両方同時には理解出来ない、というものでした。

脳の中にスイッチ?

なにか切り替わっているみたいだね。

英語で考える時には英語の引き出しのスイッチだけを使っていて、日本語で考える時は日本語のスイッチをONにしている。

だから同時にONにするのはとても大変で混乱してしまうと。

でもこれが出来れば完全なバイリンガルになれる!

この研究では結果を更に研究し「バイリンガル脳にはどうやったら育つのか」についても触れています。

そんなバイリンガル脳はどうやったら育つの?

さあ、研究結果はわかりましたが一番の疑問は「どうやったらそうなるの?」という事。

どうやったらそうなれるのー?

ではここは「自分の体験談」で見ていこう。

自分の体験から言うと、「バイリンガル脳は英語で英語を勉強したら出来る」と思います。

英語で英語を勉強?

そう、日本語にするのでは無く、英語で勉強してみよう。

英語で英語をどうやって勉強するのか?

英語で英語を勉強するのは簡単「翻訳機」を使わないようにしてみましょう。

わからない英語の単語が出てきたら「英語」で調べ、英語で意味を理解しようとします。すると日本語にふれること無く「英語で」理解する事が出来るのでその言葉を聞いた時に変換しなくても良くなります。

なるほど。。。

でもこうすると英語と日本語が一致しないよね。

結局その正体不明の言葉は「英語では理解したけど日本語でなんていうのかわからないまま」終わります。

これはいけない。

そこで紐つける為に英語で完全に理解したあとに、この段階で初めて「翻訳機」を使って意味を見ましょう。すると日本語でも理解する事ができ、英語でも完全に理解している状態になり、この状態が一番良い。

これが僕の勉強方。

まず一回英語だけで見てみるのねー。

これをすることで「英語を英語で理解する」事が出来ます。

日本語脳で考えると英語はズタズタ?

日本語で考えていると「英語」は喋れなくなります。

英語を勉強して9年、問題無く英語を使いネイティブの人と喋れる著者でも「ずっと日本語で考えたあといきなり英語になる」と喋れなくなります。

そんなに勉強しててもそうなるの?

長いからこそ「わからなくなる」んだよ。

英語を勉強し始めた頃はもちろん知らない単語は日本語に翻訳し、「これは日本語では〇〇だ」と考えるので切り替える事も、翻訳する事も全く問題ありません。

ただし英語のインプットは英語で考えるようになると話は別。

わからない英語の単語は「英語」で考えるようになり、日本語でそれをなんと言うのか、すぐには出てきません。

全く別として考えているからね。

だからいきなり英語で話すと混乱するのか。

ずっと英語で考えていた中突然日本語が聞こえてくると「あ、なんか知らない単語めっちゃ出てきてる。。。」と最初は思考停止します。

数秒考えたあと「あ、日本語だ」と日本語脳に切り替え、日本語で喋れるようになります。

こうなってるの僕だけですかね?

逆も一緒でずっと日本語で考えていた中突然「英語喋って」と言われると喋れません。脳内が完全日本語になっているのですから。

ちょっと気になり、この現象を他のバイリンガルの方にも聞いてみました。

今回質問させて貰った方も著者と一緒で「切り替えは戸惑う」との事です。

言語を分けて考えていると繋がっていないですし、言語を分けて考えているので翻訳が難しい。英語で英語を勉強していくからこそ、「切り替え」問題が出てくるのです。

切り替えて考えるバイリンガル、そうでない方もいます。

今回は「英語と日本語脳」を分けて考えているバイリンガルの人についてまとめましたが、そうではない方もいます。

同時通訳の方などはそうじゃないですね。

同時通訳者凄いよね!

結構難しい単語使われてもそれを翻訳出来る、しかも瞬時に、というのはバイリンガルの人から見ても「尊敬する」レベルです。

一括に「バイリンガル」と言っても色々なタイプの方がいます。個人にあった勉強法で英語を習得して、皆さんもバイリンガルを目指してみましょう!

英語は英語、と分けても良し、英語→日本語に変換しても良し、自分のスタイルに合った勉強方法で!

フォローおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です