右脳を鍛える、ヘーグル幼稚園が海外で支持される理由は〇〇!?

日本の幼稚園教育「HEGL」を聞いたことはありますか?

右脳を育てる「辺見式右脳開発教育」を行っている幼稚園こそがヘーグルです。

実はこれが世界でも人気の幼児教育で、モンテッソーリより数は少ないですが、知る人ぞ知る質の高い幼稚園教育を提供しています。

日本にはあまり馴染みのない「ヘーグル」それもそのはず、23区内に今まで校舎が有りませんでした。

世界で有名なのに!?

21年7月に御茶ノ水・自由が丘にやってきます。

そうなんだー!

世界で有名なのに意外ですよね。世界中で幼稚園教育を提供していて、その教育が支持されています。

今回はそんな「ヘーグル幼稚園」教育がなぜ世界で支持されている幼稚園教育なのか、どんな実績があるのかを紐解きます。

著者「ゆうき」

マレーシア在住18歳学生ブロガー。マレーシアの名門インターナショナルスクールに9年間通い、日本語・英語・中国語が喋れるマルチリンガル。2018年には討論アジア大会で入賞、2020年にはオックスフォード大学主催の論文コンテストでカテゴリー入賞。複数のウェブサイトやブログを運営。  

世界に羽ばたく日本の幼稚園教育が凄い

世界に羽ばたく「ヘーグル」幼稚園教育、実は日本が世界に誇る幼稚園教育です。

インターナショナルスクールでは日本式教育は少なく、「アメリカ式、イギリス式」がメインですが、幼稚園教育では実は話が違います。

日本式の幼稚園、実は世界的にも支持されている教育システムなのです。

日本の幼稚園教育凄い!!

そうなんだ、、、

日本って実は世界的に見ても「高水準」の教育を誇っていて、幼稚園教育、学校教育も公立でさえ他の先進国から見てもすごい高水準。

その内容がどう、、、とかは置いておき、このレベルの教育を「誰でも」受ける権利がある国日本、そんな日本の幼稚園教育を海外でも広げようとしているのが「ヘーグル教育」です。

HEGL教育って聞いたことありますか?

「ヘーグル教育」はあまり聞いたことが無いかも知れません。

今始めて聞いた

そんな方でもご安心、この記事を読めばしっかり理解出来ます。

「辺見式」というのは名前は聞いた事があるのでは無いでしょうか?

確かに名前位なら、、、でも内容は知らないよ?

名前を知っている時点で十分。

内容については興味が無ければ知らないでしょう。

ただこの記事を読んでくださっているあなたは少なからず多少の興味はあるのでは無いでしょうか?

日本の幼稚園教育「ヘーグル式」と言われて少し何か気になる事があるでしょう。日本の教育が世界に羽ばたいて、異国の地で支持されています。

この記事では日本語での情報はもちろん、英語での情報も揃えて「ヘーグル式幼稚園教育」が一体どうういうものなのか、何故支持されているのかそんな秘密に迫ります。

HELG教育では「右脳」の成長に力を入れています

「ヘーグル式教育」では右脳の成長に力を入れています、

と謳っているのですが、それがどういう意味かわかりませんよね。

「右脳」の成長と言われてもね、、、

普通の教育は「左脳」なの?

まずそのためには右脳が何を司っているのか、理解する必要があります。

先に質問に答えていくと、「はい、通常の教育は左脳がメイン」の教育。特に暗記型教育なんて左脳を多く使います。

左脳は言語脳と言われていて、暗記する事、言葉、分析、論理的な思考、といったものを付けていきます。

幼稚園~学校で学ぶのはこれが多いでしょう。

ヘーグル式では「右脳」の成長に力を入れていて、右脳は「ひらめき脳」と言われています。

ひらめき脳?

つまり「創造性」を高める、という事。

右脳では身体感覚、空間把握、芸術性、想像力などを司っていて、ヘーグル式ではそんな右脳を活性化させる教育を提供しています。

だから何?

普通に縛られない想像力豊かな生徒を生み出し、様々な視点で思考をする事で通常では思いつかない完成を得る、さらに柔軟性も要し、とにかく「クリエイティブ」になります。

そして「クリエイティブ」は重要な事。

暗記なんてパソコンや携帯のメモリーに入れられるんです、誰でも出来るんです。

だたし機械に「クリエイティブさ」を求めることは今の技術では出来ません。それを作るのも人間、何かを「生み出す」為にはクリエイティブ・シンキングが需要で、ヘーグル式教育では幼稚園からそんなスキルを身に着けます。

なるほど、なんとなくわかった!

でもいくら凄いシステムとはいえ、実績が気になる、、、

では次項では誇らしい「実績」を見ていきましょう。

その誇らしい実績は?

そんなヘーグル幼稚園、実績も公開しています。

幼稚園から実績もなにもあるの?

もちろん、幼稚園から「大学進学」はさすがに有りませんが、認定されたり優秀な小学校や中学に進学している学生も沢山います。

国立小学校や市立の有名小学校への進学実績を持つヘーグル。

そのリストはとても多いので一部だけを紹介すると、

  • 東京芸術大学付属小学校
  • 筑波大学附属小学校
  • 慶應義塾幼稚舎
  • 桐朋学園小学校

フルリストはこちらからご覧いただけます。

数多くの名門小学校や有名大学の付属学校が並んでいますね。

幼稚園時代からそんなに勉強気にするのね、、、 

小学受験も今や普通の時代です、幼稚園から質の良い教育を受けさせたいと考えている方も多く、もしかしたらあなたもその一人かもしれません。

そんなヘーグル幼稚園は日本だけでなく、世界で評価されているというのも特徴です。次項では「世界」に目を向けて、他の国に羽ばたく日本のヘーグル式教育を見ていきましょう。

実際にHEGL幼稚園がある国

そんな「ヘーグル幼稚園」は世界中に展開しています。「天才の作り方」と言われていて、シンガポールやオーストラリアでは大人気の幼稚園となっています。

ヘーグルは独自の教育法を世界12カ国に展開していて、その人気さが伺えますね。

12カ国!?

幼稚園でこのパワーはスゴい!

ヘーグル幼稚園がある国:

  • 日本
  • オーストラリア
  • シンガポール
  • マレーシア
  • 台湾
  • 中国
  • タイ

などなど

この中でも特に人気で注目を浴びているオーストラリアとシンガポールの例を見てみましょう。

オーストラリア

オーストラリアにも「ヘーグル幼稚園」があります。

ヘーグルオーストラリアはもちろん、日本で使われているカリキュラムを使用していますが、授業は英語メインで行われています。

0歳から6歳のカリキュラムで運営。

「ヘーグルメソッド」と呼ばれ、日本の右脳幼児教育として注目を浴びています。

オーストラリア内に1つではなく、メルボルンに3つのキャンパスがあり、その人気具合が分かります。

3つもあるんだ!

外国のカリキュラムでここまで成功しているのは稀です。

Heguru Australia

シンガポール

さあ、「ヘーグル教育」が一番成功しているといっても過言では無いのがシンガポールです。

元々学歴最重要社会ですからね。

そんな教育大国シンガポールでも「ヘーグル幼稚園」は10個以上のキャンパスを狭い島内に持っていて、各エリアごとにある位の人気ぶり。

これだけキャンパスが沢山あっても「ウェイティングリスト」があり入学のスロットを確保するのは大変。

6ヶ月から12歳の教育を提供していて、シンガポール教育省が認定する「ギフテッド」に選ばれた生徒も沢山排出。

さらに「LiveWell Awards」を2016年と2017年に受賞、2015年には「Little Awards School of the Year」にも選ばれています。

その他にも沢山の賞を受賞。

シンガポールでそんなに大成功しているとは!

シンガポールの幼児教育では「ヘーグル」はとっても人気のプログラムであり、教育に熱心な多くのシンガポール人からも選ばれています。

しっかり日本語の勉強もします

ヘーグル教育では「日本語での勉強」という訳では有りません。

日本式というだけ。

じゃあ授業は日本語じゃないのね。

ただ「日本語の授業」も取り入れています。

もちろん日本のヘーグルでは日本語での授業、その他では「英語」の授業で日本のヘーグル式カリキュラムで行われています。

日本語の勉強も世界中で提供していて、多少の日本語力も身につけることが出来ます。

日本のヘーグル教育

日本にも沢山「ヘーグル幼稚園」はあり、東京や名古屋などにキャンパスを展開。

調べてみるとお近くにも「ヘーグル幼稚園」あるかもしれません。

幼児教育として選ばれ続けている「ヘーグル幼稚園」でした。

出典:Heguru

フォローおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です