エドガー・アラン・ポーの「大鴉(The Raven)」の本当の意味。

英語で「詩」を読むのは大変ですね。

英語勉強して約10年の著者でも「英語の詩」を理解する為には2-3回読み返さないと意味は理解できません。

言葉使い独特よね、、、

昔の英語を使っているからね。

さらに「詩」だと重要なのは文法ではなく「流れ」になるので「綺麗に流れているかどうか」というのが重要。

だから英語学習者にとって「詩」は難しい。

いや、ネイティブの人でも「難しい」と言います。

言い方は回りくどいし、文法なんて「何それ?」状態、言葉も「そんな言葉聞いたこと無い」という言葉が出てきます。

そんな英語の詩の中でも代表作、避けては通れない「エドガーアランポー」作詞の「大鴉(The Raven)」という作品が超有名です。

アメリカの高校生大体習います。

今回はそんな大鴉の「意味」をしっかり理解してみましょう。またここから紐解ける英語の詩の特徴などもあります!

エドガーアランポー

エドガーアランポーはアメリカの文学を学ぶには絶対に避けては通れない、というほど有名な人物。

多くの作家などに影響を与えた、小説家、詩人、評論家です。

その中で最も有名なのが彼の詩。

どんな詩なの?

一言で言ってしまうと「めっちゃ暗い」。

そんな暗い詩をたくさん書いたエドガーアランポーですが、実は「詩」以外にも有名なものがあります。

それが「ショートストーリー

有名というか、ジャンル確立しました。

え、そうだったの!?

エドガーアランポーが著作する前にも「短いストーリー」はありましたが「ショートストーリー」という名前はついていませんでした。

彼が一番最初にこれは「ショートストーリーだ」と言い出し短いストーリーの事を「ショートストーリー」として売り出しています。

だからアメリカ文学では絶対に外せない、そんな人物です。

たくさんの有名作品を書いていて、その中にはアナベル・リー夢の中の夢エルドラド、また小説としては黒猫、アッシャー家の崩壊、などは代表作品。

今回はその中でもアメリカの高校生が必ず習う、といても過言ではない「大鴉(The Raven)」という作品を紐解いていきます。

日本語訳も少し出ていますね、、、

調べたら出てきた!

しかし英語でも難しい詩を完璧に意味を翻訳するのは不可能、この作品が何故すごいのか、「英語版」を完全に読んだ著者がまとめていきます。

大鴉

「大鴉(The Raven)」はエドガーアランポー作詞の超有名文学作品。

アメリカ人で知らない人はほとんどいないでしょう。

この作品が何故注目されるかご存知ですか?

すごく売れたとか?

それもそうなんだけど、影響力がえげつなかった。

この「大鴉」という作品は多くの作家へ影響を与えています。

さらに「サスペンス感覚」がある詩、そんな詩他になかなか無いでしょう?

詩でサスペンス、、、?

元々推理小説をたくさん書いている人だからね。

まず「意味」を理解する前に簡単なあらずじを見てみましょう。

※ここから先はネタバレを含みます。ご注意ください。※

まず簡単にあらすじを説明すると「一人の学者」が主人公。Leone(レノア)という主人公の奥さんは死んでしまい、精神的に病んでいる、という所からお話がスタート。

スタートから暗すぎ、、、

ただ面白いのはこれから。

ある日突然一羽の「」が主人公の家へ訪れます。

何をするわけでもなくただ主人公が投げかける全ての質問に「Nevermore(2度と無い)」と答えます。

名前は?

「Nevermore」

レノアと会える?

「Nevermore」

この鴉は終始「Nevermore」としか言いません。

それを主人公は重く深く受け止めてしまい、自分なりに解釈してしまい「精神が徐々に壊れて」いきます。

死んじゃうの?

実はストーリーの中では誰も死なないんだよ。

レノアはお話が始まる前にすでに理由不明で死亡してしまっていて、主人公は「魂が抜け去っていく」という記載はありますがこれは精神的な意味になっています。

こんなに「暗い話」と言われているのに誰も死亡しないし、怪我もしていません。

なんか不思議ですよね。

日本語意訳

まずそんな「大鴉」を日本語で見てみましょう。

実は大鴉を日本語訳で出版するのは嫌がる人が多くインターネット上では出回っている物の、翻訳版はあまり出ていません。

ちゃんと翻訳する事ができないほど難しい、という事。

しかし英語だけでは読むことができないのでまず日本語で見てみましょう。

Googleで調べても他の方が同時で「翻訳」した物が出てきますが、それはどれもが「直訳」状態で本当の大鴉、ではありません。

Nevermoreが「Lenore」と韻を踏んでいたりします。

文章のカットの方法も最初は理解できない切り方で、これは難しい。

翻訳は難しいですね。

そこでプロの方の訳を見て見ましょう。

大鴉をはじめとする多くのエドガーアランポーの作品が多く日本語に翻訳されています。

大人気作品というだけあり、また使っている英語も現代英語ではなく一昔前の英語、詩なので「流れ」重視で書かれているので翻訳はとっても難しい。

英語原文見てみよう。

翻訳版はなんとなく微妙、、、なので「英語原文」で見て見ましょう。

実は英語原文は無料であちらこちらに出ています。

Once upon a midnight dreary, while I pondered, weak and weary,
Over many a quaint and curious volume of forgotten lore—
    While I nodded, nearly napping, suddenly there came a tapping,
As of some one gently rapping, rapping at my chamber door.
“’Tis some visitor,” I muttered, “tapping at my chamber door—
            Only this and nothing more.”

    Ah, distinctly I remember it was in the bleak December;
And each separate dying ember wrought its ghost upon the floor.
    Eagerly I wished the morrow;—vainly I had sought to borrow
    From my books surcease of sorrow—sorrow for the lost Lenore—
For the rare and radiant maiden whom the angels name Lenore—
            Nameless here for evermore.

    And the silken, sad, uncertain rustling of each purple curtain
Thrilled me—filled me with fantastic terrors never felt before;
    So that now, to still the beating of my heart, I stood repeating
    “’Tis some visitor entreating entrance at my chamber door—
Some late visitor entreating entrance at my chamber door;—
            This it is and nothing more.”

    Presently my soul grew stronger; hesitating then no longer,
“Sir,” said I, “or Madam, truly your forgiveness I implore;
    But the fact is I was napping, and so gently you came rapping,
    And so faintly you came tapping, tapping at my chamber door,
That I scarce was sure I heard you”—here I opened wide the door;—
            Darkness there and nothing more.

    Deep into that darkness peering, long I stood there wondering, fearing,
Doubting, dreaming dreams no mortal ever dared to dream before;
    But the silence was unbroken, and the stillness gave no token,
    And the only word there spoken was the whispered word, “Lenore?”
This I whispered, and an echo murmured back the word, “Lenore!”—
            Merely this and nothing more.

    Back into the chamber turning, all my soul within me burning,
Soon again I heard a tapping somewhat louder than before.
    “Surely,” said I, “surely that is something at my window lattice;
      Let me see, then, what thereat is, and this mystery explore—
Let my heart be still a moment and this mystery explore;—
            ’Tis the wind and nothing more!”

    Open here I flung the shutter, when, with many a flirt and flutter,
In there stepped a stately Raven of the saintly days of yore;
    Not the least obeisance made he; not a minute stopped or stayed he;
    But, with mien of lord or lady, perched above my chamber door—
Perched upon a bust of Pallas just above my chamber door—
            Perched, and sat, and nothing more.

Then this ebony bird beguiling my sad fancy into smiling,
By the grave and stern decorum of the countenance it wore,
“Though thy crest be shorn and shaven, thou,” I said, “art sure no craven,
Ghastly grim and ancient Raven wandering from the Nightly shore—
Tell me what thy lordly name is on the Night’s Plutonian shore!”
            Quoth the Raven “Nevermore.”

    Much I marvelled this ungainly fowl to hear discourse so plainly,
Though its answer little meaning—little relevancy bore;
    For we cannot help agreeing that no living human being
    Ever yet was blessed with seeing bird above his chamber door—
Bird or beast upon the sculptured bust above his chamber door,
            With such name as “Nevermore.”

    But the Raven, sitting lonely on the placid bust, spoke only
That one word, as if his soul in that one word he did outpour.
    Nothing farther then he uttered—not a feather then he fluttered—
    Till I scarcely more than muttered “Other friends have flown before—
On the morrow he will leave me, as my Hopes have flown before.”
            Then the bird said “Nevermore.”

    Startled at the stillness broken by reply so aptly spoken,
“Doubtless,” said I, “what it utters is its only stock and store
    Caught from some unhappy master whom unmerciful Disaster
    Followed fast and followed faster till his songs one burden bore—
Till the dirges of his Hope that melancholy burden bore
            Of ‘Never—nevermore’.”

    But the Raven still beguiling all my fancy into smiling,
Straight I wheeled a cushioned seat in front of bird, and bust and door;
    Then, upon the velvet sinking, I betook myself to linking
    Fancy unto fancy, thinking what this ominous bird of yore—
What this grim, ungainly, ghastly, gaunt, and ominous bird of yore
            Meant in croaking “Nevermore.”

    This I sat engaged in guessing, but no syllable expressing
To the fowl whose fiery eyes now burned into my bosom’s core;
    This and more I sat divining, with my head at ease reclining
    On the cushion’s velvet lining that the lamp-light gloated o’er,
But whose velvet-violet lining with the lamp-light gloating o’er,
She shall press, ah, nevermore!

    Then, methought, the air grew denser, perfumed from an unseen censer
Swung by Seraphim whose foot-falls tinkled on the tufted floor.
    “Wretch,” I cried, “thy God hath lent thee—by these angels he hath sent thee
    Respite—respite and nepenthe from thy memories of Lenore;
Quaff, oh quaff this kind nepenthe and forget this lost Lenore!”
            Quoth the Raven “Nevermore.”

    “Prophet!” said I, “thing of evil!—prophet still, if bird or devil!—
Whether Tempter sent, or whether tempest tossed thee here ashore,
    Desolate yet all undaunted, on this desert land enchanted—
    On this home by Horror haunted—tell me truly, I implore—
Is there—is there balm in Gilead?—tell me—tell me, I implore!”
            Quoth the Raven “Nevermore.”

    “Prophet!” said I, “thing of evil!—prophet still, if bird or devil!
By that Heaven that bends above us—by that God we both adore—
    Tell this soul with sorrow laden if, within the distant Aidenn,
    It shall clasp a sainted maiden whom the angels name Lenore—
Clasp a rare and radiant maiden whom the angels name Lenore.”
            Quoth the Raven “Nevermore.”

    “Be that word our sign of parting, bird or fiend!” I shrieked, upstarting—
“Get thee back into the tempest and the Night’s Plutonian shore!
    Leave no black plume as a token of that lie thy soul hath spoken!
    Leave my loneliness unbroken!—quit the bust above my door!
Take thy beak from out my heart, and take thy form from off my door!”
            Quoth the Raven “Nevermore.”

    And the Raven, never flitting, still is sitting, still is sitting
On the pallid bust of Pallas just above my chamber door;
    And his eyes have all the seeming of a demon’s that is dreaming,
    And the lamp-light o’er him streaming throws his shadow on the floor;
And my soul from out that shadow that lies floating on the floor
            Shall be lifted—nevermore!

そんなに英語がわからなくてもなんとなく美しい流れという事はわかると思います。

意味はわからないよ、、、

意味はネイティブでも理解するのが最初は難しい、何故なら使われている言葉が今の喋り方では無いからです。

ただ全ての段落の最後の一文だけでも見てください。

最初から最後まで全部「」を踏んでいます。

全部「More」で終わってる

その他にも多くのテクニックがふんだんに使われているよ。

本当の意味は

この詩の意味の捉え方は人によって異なります。

ただし一番の象徴となるのはもちろん「Raven(鴉)」です。

これはもちろんわかるよ。

そんな鴉が表しているのは「終わりのない思い出」でありだから「Nevermore(二度と)」という名前が付けられています。

鴉は「Nevermore」以外何も言葉を発していません。

ではそれだけで何故主人公の魂が崩壊してしまったのか、それは「レノア」との終わりなき思い出が彼自身の経験として残っていて、「Nevermore」が連想させているのがレノアがもうこの世に存在しない、と解釈しているから、と言われています。

なのでこの詩のテーマは「人間の渇望」と言えるでしょう。

ま、また難しい。。。

こんなに面白い文学作品は中々無い!と思いました。

とっても深い意味が込められているすごく暗いお話ですが、アメリカの文学作品を語る上では絶対に避けれない作品です。

著者もこれを気にアメリカ文学にさらに興味が湧いてきましたし、ポーの他の作品も読んでみたくなりました。

少しでも「アメリカの文学作品」に興味が出てくれたら幸いです。

フォローおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です