世界の5人に1人は該当、「繊細さん」こと「HSP」に当てはまりますか?

近年になり一般的にも認知されてきた「HSP」こと「Highly Sensitive Person

これ、理解していますか?

先に言います「発達障害」ではありません。

また世界の5人に一人はこのHSPだともいわれていて、刺激が多い現在の世の中「疲れた」と感じている人も多いと思います。

そんなHSPはどういう物なのか、あまり理解されていないHSPの実態と「どう理解するか」を見てみましょう。

もしかしたら自分が当てはまる事もあるかもしれませんよ。

HSP

まず「HSP」とは何か、他にもたくさん情報が出ていますが一番元の情報から見てみましょう。

元の情報?

HSPとはもともと1996年にアメリカの心理学者エイレン・N・アーロン博士が定義したもの。

なのでそのアーロン博士が「HSPとは何か」と説明しているのが一番「元の情報」ですね。

そんなアーロン博士はHSPを「Highly Sensitive Person」敏感な人、と定義しました。

敏感な人?

刺激を受けると疲れやすい、という人かな。

その刺激は「」であったり「」であったり人によって様々。

ただし5感に敏感で刺激を受けると「疲れやすい」という特徴を持っている人をHSP、と呼びます。

そんなHSPを理解する為にはこんな本がおすすめ。

日本でも「人気」となっている「繊細さん」の本、これはHSPの特徴をしっかりと表していて、もし「ちょっと疲れたっかな」と頻繁に思う方は特に必読アイテム。

五感に敏感?

「HSP」の人は個人差ありますが五感に敏感です。

五感というと?

五感はSight(視力)・Hearing(聴覚)・Touch(感覚)・Taste(味覚)・Smell(嗅覚)ですね。

これらの「一つ」もしくは複数が「通常より敏感」なのがHSPの特徴です。

するとどうなるの?

それだけ疲れやすい。

例えば視覚が敏感な人だったら「蛍光灯」を見るたびに「眩しい」と感じます。

嗅覚が敏感な人だったら「犬並みに匂いがわかる」かもしれません。

聴覚が敏感だったら「常に音が鳴っている」世の中ではとても生きづらいと感じるかもしれません。

これがHSPの特徴。

もちろん普通でも「長時間大音量で音楽が鳴っていたら」疲れますよね。

パーティーの後とかすっごくグッタリするもんね。

それが日常的に起こっている、と考えてみて?

それは辛い。。。

HSPという特徴を持っている人はそれが「常に」起こっています。

このほかにも多くの特徴がありますが「五感に敏感」なのでそれだけ早く疲れてしまいます。

疲れてたらその分「休憩」する必要があって、別にその休憩が「休む、寝る」という事でもなく、体力的には問題ないから「五感を休ませたい」つまり「一人の環境になりたい」という日が訪れます。

ずっと強信号でアンテナ張ってたらそりゃ疲れますよ、ただ「弱」に切り替える事ができないのがHSP、なので時々「OFF」にする日が必要です。

どんな特徴があるの?

5感に敏感、以外にはどんな特徴があるの?

では他の特徴もみていきましょう。

これ、HSPと一括りに言っても同じ特徴という事はなく「十人十色」

なのでこれは当てはまらない、でもこっちは当てはまる、そんな人もたくさんいます。

しかし「アーロン博士」が考えた4つの特徴があり、その全てに当てはまる人を「HSP」という風に定義しています。

  • 物事を深く考える
  • 刺激を受けやすい(五感)
  • 共感しやすい
  • 感受性が強い

これの全てに当てはまったあなたは「HSP」の可能性があります。

でもね、HSPだから何?って事なんだよ。

別にHSPだからどうこう、、、というのはなく、ただ「自分で自分の特徴を理解する機会」と捉えると良いです。

自分にはこういう特徴があるから、「じゃあ休憩を多く取ろう」とか「刺激を出来るだけ受けない環境に行こう」とか、自分でコントロールする事ができるようになります。

なるほどね、、、

発達障害ではない

そんなHSPは「発達障害」と比べられることがありますが、HSPは発達障害ではありません。

病気でも障害でも何でもない!

ただの「特徴」です。

じゃあ何で発達障害と比べられるの?

すこーし行動が似ているからです。

例えば落ち着きがなく多動気味、というのが発達障害の方の特徴として挙げられますね。

HSPの場合は落ち着きが無い、というわけではありません。「些細な事で他のことに気を取られてしまう」ので不注意になります。

で、これが「側から見ると」やっている事は同じ。

ただそれをやる原因は「違い」ます。

なんか難しいね、、、

でもね、発達障害だとしても、HSPだとしてもそれは「個人の特徴」であるから別に「だから何が違う」という訳でも無いですよね。

自分で理解しておくと、自分で自分をコントロールしやすくなります。

世界の5人に1人はHSP・HSS

そんなHSPですが、この記事を読んで「もしかしたら自分も当てはまるのかも」と思った方、実は世界の「5人に一人」がHSPもしくはHSSと言われています。

そんなに多いの!

HSPと一括りに言っても「みんな違う」訳で、すっごく敏感な人もいれば「人と比べると敏感」な人もいれば、五感全部ではなく「一つだけ」の人もいれば「全ての五感」に敏感な人もいる。

十人十色ですね。

なので「5人に一人」と言われています。

そのHSSって何?

HSSはHSPの一種。

HSPは「Highly Sensitive Person」の略でしたが、HSSは「Highly Sensation Seeking」の事で、HSPの特徴にさらにプラスアルファ独特な特徴があります。

HSPは刺激に苦手だから避けて暮らすようにするじゃん。

HSSは違うの?

「刺激に苦手」という部分は一緒です。

しかし「本当な刺激に苦手で静かにしていたいけど、外交的で好奇心が強いから刺激を求めてしまう」というのがHSS。

めっちゃ矛盾してるじゃん。

だから大変なんだよ。

刺激は苦手だけど、好奇心に勝てず求めてしまう、そして後から「どっと疲れる」のがHSSの特徴。

こちらは人口の約6%の方に該当すると言われています。

すっごくアクティブだけど、実はすっごく疲れてしまう、それがHSSの特徴です。

そんな人もいるのか、、、

HSSはあまり知られていなかったけど、最近になって名前が知られてきましたね。

HSS型HSP、もしくはHSS、色々なパターンがあると言われていますが、そこでこんな本を発見。

HSSとHSPのあるあると描いた本です。

理解するだけで違う

刺激に敏感なHSP、刺激を求めてしまうHSS、双方の特徴をみてみました。

自分ももしかしたら当てはまっているのかも、と感じた方もいるかもしれません。

それもそのはず「人口の20%」はHSPもしくはHSSに該当すると言われています。

すっごく多いんだね。

そんなHSPは「理解する」だけでも変わります。

もし自分が該当するかも、と思ったなら「時々刺激を避ける生活をする」ように工夫することができますし、出来るだけ刺激を受けない環境を作ることが可能です。

もしそうでなくても「自分の周りのあの人そうかも」と思ったら「刺激を与えないように」するなどの配慮することも可能。

だから「理解」するだけで全然違うんです。

HSP、HSS、両方ともその個人の「特徴」として捉えて逆に個性として活かすこともできますよ!

出典:感情心理学研究

フォローおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です