「文法」メインの英語教育、しかしそれはバイリンガルへの確実はステップだった!?

海外育ちの日本人、さすがの英語力ですよね。

英語力が届くことはないでしょう、ただ「文法」だけで見ればあなたの方が上手かもしれませんよ?

そうなの!?

もしかしたら僕より上手かも。。。

実は海外育ちの日本人って「英語」のスピーキングは上手ですが、文法だけで見ると劣っている可能性もあります。

日本人は英語下手!と思われがちですが強ちそうでもないかもしれませんよ?

なぜ文法力に差があるのか、この記事で見ていきましょう。

英語の文法はどれくらい考える?

英語の文法、どれくらい考えていますか?

最初に勉強したから常に、、、

それ、すごいね。

著者なんて「文法」あまり考えたことありませんよ。

「The」をいれるタイミングとか、「A」になる時とか、形容詞、動詞、名詞、、、これ海外育ちの日本人苦手な人多いと思います。

いやいや、外国に住んでたらそんなことないでしょ。

「文法」ってあんまり勉強しないんですよ。

日本で英語を勉強すると「文法」はとても重要な部分で、中学英語でも重点的に習う部分です。

ただし外国の学校で勉強した学生は「文法」より「スピーキング」に偏りがちです。

「文法」の勉強する機会は日本より圧倒的に少ない。

でもそうしないと通じないじゃん。

文法ってそんなに喋ることには関係ない。

喋るだけであればコミュニケーション能力で何とか伝えようとしますし、喋る度に文法気にしてたらいちいち面倒。

なので、日本から留学してくる学生の方が「文法」という面で見れば上手な場合がとても多い。

何でだろう。

海外育ちの日本人は「スピーキング強者」であり文法は「それなりに」という人が多いです。

海外育ちはスピーキング強者

海外育ちの日本人はなんか「ネイティブみたいに英語喋っててかっこいい」そんな眼差しで見ていませんか?

もちろん英語は上手でしょう。

発音もネイティブ見たいなんだろな

それは違う。

海外育ちの日本人の多くは日本で英語を勉強している人より文法などは苦手な場合が多いです。

しかし「スピーキング力」がめちゃめちゃ高い。

でも通じるってことはやっぱりすごいんじゃ

確かにすごい。

「なぜ通じるのか」と考えた時、「自分の英語に自信持って堂々と喋っているから」という理由が上がります。

本当にネイティブの発音で、本当に完璧な文法で、なんて考えていませんよ。

「通じればいい」「通じなかったらもう一回言えばいい」そう考えて喋っています。

そうなの?

僕だって喋るたびに文法は考えていない。

それでもアメリカ人と普通に会話できているので、問題ないでしょ?

海外に住んでいると「スピーキング」はめちゃめちゃ鍛えられますね。

何でだろう。

それは明確。

「何でもいいから、何とか喋れるようにならないと生きていけない」そんな環境に置かれているからです。

適当にでもいいので、とにかくいち早く通じるようにならないと生きていけない、この際文法なんてどうでもいいから「通じるように」なれば良いや。

そんな感覚で英語が身についてきているので、またネイティブが使うスラングなども勝手に身についてくるので「文法はそんなに気にしてない」ですが通じるのです。

逆にエッセイ書いたりすると苦手。

上手な生徒ももちろんいますが

上手なのはスピーキング何だね

どちらかというとその傾向が強い。

日本は文法得意?

日本人は英語は得意ではありませんよね。

世界的に見ても先進国としては英語スピーカーは圧倒的に少ないです。

しかし著者はそうは思いません。

日本人の英語にも「強い点」があります。

それが「文法」

日本で英語を勉強してきている生徒は「文法」はめちゃめちゃ得意です。

そうなの?

ある意味ネイティブより綺麗かもよ

そんなに?

いちいち文法をここまで考えて書いている、中々ありません。

海外育ちだと「何となくの流れ」で書いてしまいすが、しっかりとセオリーにのとった書き方をしている日本人は「すっごく綺麗な文法」です。

だからこれは強みと受け取って良い!

日本の英語教育

日本の英語教育は「文法メイン」で勉強しますね。

一番重要って習った。

でもそれって本当?

例えば逆に考えてみてください。

日本語を喋る時に毎回「文法的には、、、」と気にしてますか。

それは母国語だから、、、

それでも完璧な日本語を喋る人は少ないとおもいます。日本語の場合は名詞が抜けている事が結構多い。

じゃあ英語ネイティブの人は喋る度に文法を考えているかというともちろんそんな訳もなく、

「何となくの流れ」で判断して喋ります。

だから「何となく」で海外育ちの日本人は喋ります。

もちろん文法は完璧じゃないためよく聞くとめちゃくちゃな順序になってる事も、、、

でもね、それでも通じる。

文法あんまりでも通じるんだ、、、

ポイントは自信持って喋ってるという事。

だから日本の英語教育は「文法」にフォーカスしすぎていて、「英語上達には文法完璧にならないと」となっていますが、そんな事もない。

発音も、文法も、「それなりに」で通じます。

しかし逆手にとれば「日本人は文法に強い」という事でもあるのでその長所を活かすことができますね。

エッセイやライティングは高得点狙えるかも?

文法vsスピーキング

さあ、文法が得意な日本人VSスピーキングが得意な外国育ちの日本人、どちらも得意分野が違いますが、「通じる」という面で見ればスピーキングは大事。

文法できても通じない、、、

でもあと一息だ!

文法めちゃくちゃなまま英語を覚えてしまうと「文法無しでも良いじゃん」と思ってきます。

著者もそうでした。

ただエッセイを書く必要が出てきたり、ライティングが必要になる場面は必ずあるもので、大学ではもちろん、仕事でも必要ですよね。

そこで「文法」は必須。

あんなに喋れるのに英語下手じゃん、、そう思われたくないですもんね。

文法ができても喋れないよ?

でもね、「文法ができてる=基礎はできている」という状態です。あとはスピーキングの能力をつけるだけ、

そこが大変、と思われるかもしれませんが、「基礎が完璧にできている」状態なので一番難しい最初の段階はすでにできているんですよ。

あと少しってこと?

そう、スピーキングは「慣れ」のみ。

この段階になればあとは何が必要かって「ひたすら英語を聞く」という事。たくさんの英語を聞いて、「聞き慣れる」事ができれば基礎はできているんだから聞き取れるはず。

さらにたくさんを英語を聞いていくうちに自分でも喋れるようになっていきます。

聞いて覚える、これは海外育ちの日本人が英語を勉強している方法です。

周りが完全に英語の環境なので、「聞いているうちになんか覚えた」という人がとても多い。

どうやって聞き慣れれば良いの?

聞き流しの教材などでも良いと思います。

こういうのが使えるかと思います。CDやAmazonプライムなどでも視聴が可能となっていて、会員の方であれば以下のリンクをクリックでご覧いただけます。

文法無しで通じる?

結論として、文法なしでも通じるのか、という本題。

「文法なしでも通じます。」

スピーキング的には文法があやふやで喋っていても自信を持って喋っていれば通じる、ただしその方法はいつか限界が出てきます。

エッセイやライティングも避けては通れない道なので、「必要」になってくるでしょう。

日本人は文法はとても得意なのであと必要なのは「英語に対する慣れ」のみ。

英語スピーカー人数が最低ランクの日本、これを脱却できるポテンシャルを持っているのであと少しの努力です!

フォローおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です