【1才から始められる】47都道府県全暗記を最短で行う方法。

日本の都道府県を47全て暗記していますか?

言われてみれば、、、

そう、暗記って大変なんです。

海外在住の著者ですが、実は日本の47都道府県は全部暗記しています。形も場所も名前も全部言えます。

これ、別に特別なことはでなく、小さい頃趣味で「日本パズル」で遊んでいたから勝手に覚えているだけです。

小学生のお子さんで「日本の都道府県を覚えて欲しい」「学校で習っても暗記できない」「どうやったら効率よく暗記できるの?」

そんな声も多いと思います。

今回は「47都道府県」最速暗記の方法を見ていきましょう!

簡単に覚えたい!

この記事に載っている方法を実践すればすぐに覚えられます。

暗記

「暗記」って大変ですよね。

でも勉強する上で必須な事。

日本の教育は暗記基本だもんね。

日本の学校では「暗記」こそが教育の焦点に置かれていて、皆さん覚えた経験あると思います。

193の国連加盟国とその首都、歴史の年号、都道府県、市区町村、数学の公式、、、

沢山あるよね

日本は完全「暗記型教育」なのでしょうがない。。。

でも著者は暗記しようと思ったわけではなく勝手に「47都道府県」は暗記していました。すぐに言えますよ。

クイズ番組で地理系の問題が出てきたとき、回答者と同じ速度で答えられます。あなたは47都道府県、どう覚えていますか?

暗記は「ただただ勉強」するだけではダメ。

でも時間かけて暗記するのも大変だし、、、

暗記にも近道があります。

今回は47都道府県の暗記の方法と「近道」を探っていきます。

日本47都道府県暗記の方法は?

47都道府県暗記の方法、自分の住んでいる地域はわかるもののわかりにくい場所もありますね。

宮城、宮崎を間違えたり、、、

島根、鳥取が分からなかったり、、、

暗記方法としてまず「知名度の高い県」を覚えましょう。

例えば東京を覚えたとしたら、隣が埼玉、千葉、神奈川、山梨な覚えらえますね。そこからつなげて山梨→静岡は覚えられそう。(富士山は両方の県に跨っているからと隣と覚えられる。)

これで関東地方は大体覚えられそう。

関西は?

まず大阪と京都は知名度が高いですね。大阪の隣にあるのは奈良県、和歌山県、京都のとなりの兵庫、などと結構紐づけて覚える事が出来ます。

そしたら形を覚えていき、徐々に認識できるようになります。

うーん、でもやっぱり大変じゃない?

暗記だからね、、、時間はかかる。

確かにこういう覚え方もありますが、もっと効率のいい覚え方は無い物か。

それがあるんです!

なんだって???

僕はこれをやってたら知らないうちに覚えてた!

「知らないうちに自然に覚えられる」こんな良い暗記の方法があるんです!

漫画本を読んで楽しく覚える方法

暗記の効率を考えたことありますか?

頑張って繰り返しインプットして、、、

その方法「効率悪い」やり方。

よく外国人にどうやって日本語勉強したか聞くと「漫画で日本語覚えた」「アニメで日本語覚えた」って聞きますよね。

確かに!

あれ、すごいよね。

それの方法で「漫画で覚える」という勉強方法、効率良いと思いませんか?

47都道府県を「漫画を読みながら楽しく」覚えられる、そんな方法があるのなら是非試してみたいですよね。

これなら小学生でも楽しく勉強できますし、自然に知識が付いていきます。

「勉強」感なく勉強できるのが一番良い!

がっつり勉強スタイルは長続きしないし効率悪い。

そこで紹介したいのが「漫画で47都道府県を覚える」という方法。

そんな方法があるの?

なんとそれがありました!

その見つけた商品がこちら。

漫画で繰り返す事でスラスラと楽しく勉強できる、そんな漫画本があります。

漫画ならできそう!

気軽に読めて、勉強感も少なくていいですね!

「楽しく」勉強する事が重要なので、そこでこういう教材を使ってみましょう。

今の教材ってなにも教科書とノートだけじゃないのです、漫画も教材になりえるのです。

この方がお子さんも勉強に取り掛かりやすく、続けていくと自然と自分から勉強するようになりますよ!

著者はこの方法で覚えました

まずは漫画で覚えていく方法を見てきました。

他の方法もあるの?

もちろんあります。

暗記への近道は「繰り返し何度もインプット・アウトプット」をするという事。

そこで何回も、何回も漫画を読むと流石につまらなくなってきますよね。

確かに、、、

でもそれが「ゲーム」だったらどうですか?

何回やっても楽しめるかもしれませんよね。

そして何回もやっていくうちに「自然」と覚える事ができます。

著者が小学生の時に都道府県を覚えるために使っていたのは「日本地図パズル」

これで日本の都道府県全ての名前を形を覚えることができました。一度完璧に暗記してしまえば忘れることはありません。

こんな感じのもの使ってました。

これで本当に覚えられるの?

ちょっと疑ってしまいますよね。

でもねしっかりと証明されています。

日本でも幼稚園・小学生の保護者さんから指示を集めているのがこのくもんが販売しているパズル。

はめ込みタイプのパズルになっていて、数段階の難易度が用意されています。

難易度があるの?

まずは色つきの各都道府県の名前が書かれているもの、それから色なし、最後は都道府県名が書いていなく「形」だけで当てるタイプ。

発売から20年以上が経過した今でも人気な理由がその効果性を物語っているのではないでしょうか?

実はパズルや漫画は暗記の近道?

実は漫画やパズルなどで勉強することは「暗記の近道」だとされています。

こんなのが効果的なの?

普通に勉強するより良いくらいに。

暗記の一番重要な工程は「繰り返しのインプット」

これは一般的に言われていますね。

でもね、「繰り返しのアウトプット」も重要になってきます。

どんなにインプットして頭で理解するよりも、実際に自分がそれをアウトプットする方が効率的。

「この知識をどこかで使う」という状態になれば自然に覚えていくものです。

暗記したものを使った方がいいのね。

それを都道府県に当てはめると「全都道府県に行く」というのは中々現実的ではないので「覚えたらこのパズルが完成させられる」方法でアウトプットが可能。

繰り返していくうちにどんどん形を覚えていって、自然と身につきます。

試してみてください

今回は47都道府県の暗記の方法について見てきました。

実際にこの方法で覚えた人がいます。

ただただ勉強していくだけより楽しい!

そうでしょ!!

勉強は「自分との闘い」なので出来るだけ楽しくしないと続きません。暗記は繰り返し行う事で出来るようになるものであり、一回ぱっと見ただけで暗記できる人は数少ないです。

そこで「パズル」や「ゲーム」などのエンタメ性がある物を使うとすぐに暗記できます。

確かにこれなら持続できそうだね。

小さいお子さん向けにも最適!

勉強しなさい、勉強しなさい、よりも自分から楽しんで覚えていってくれるのが一番本願ですもんね。

そこでエンタメ性のある勉強できる道具を導入してみましょう。

今回紹介した商品はこちらから:

フォローおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です