海外にいながら日本語力維持する方法。

留学当初悩むのはやはり英語、

しかししばらくするとその悩みは解決します。

英語の学校に行っていれば嫌でも時間とともに英語は覚えられるでしょう。英語を覚えないと生きていけない状態に入ると約1年くらいでそれなりに英語ができるようになる生徒がほとんどです。

特に小さいうちから海外で生活していると英語の覚えは早い。

しかしそれと同時に「日本語」が危ぶまれます。

学校は英語、友達とも英語で話し、家以外では日本語を使う機会はほとんど無くなります。

すると日本語力はどうしても低下してしまいます。

著者もそうです。

3年前、日本へ一時帰国した時に日本人との会話が困難でした。アナウンスも英語の物に頼っていました。

空港以外では会話できません。

そんな著者も今では日本語の会話に全く支障は無く、日本語の本も読むことができます。

どうやって勉強したの?

今回はそんな日本語維持の方法を見ていこう!

日本語力維持

海外に住んでいる期間が長くなれば日本語を使う機会はどうしても少なくなってしまいます。

海外留学!

小さいうちからインターへ!

もちろん「視点を変える教育」「グローバルな子供に育てる」という視点から見るといいですが、危ぶまれることもあります。

それが日本語力。

はっきりいうと、英語なんていくらでもどうにでもなります。

英語の学校に通っている時点で絶対に英語力は放っておいても上達していきますが、日本語はそうもいかない。

日本語は「家」でしか使わなくなってしまうので絶対的に下手になります。

そんな日本語維持どうしてる?

何もしてないかな、、、

最初の頃はそれもいい、ただし完全に日本語忘れます。特に読み書き!

大学生になってからの海外留学はそこまで日本語力に影響はないかもしれません。日本に住んでいる期間も長いのでそれだけ日本語で知識がついています。

ただし外国に住む期間が長ければ長くなるほど話は変わってきます。

授業全部英語だもんね。

そう、「知識」も全部英語ベースになる。

著者も人生の半分はマレーシアで生活しているので日本語力は通常の日本にいる同年代の学生さんと比べると劣等しています。

ただし普通に日本人とは会話できている方だと思いますし、現にブログも書けるくらいの語彙力はあります。

海外にいると下手になります。

海外にいると確実に日本語は下手になります。

それは僕も実感しました。

ブログでも時々間違えているもんね

読み辛くてごめん!

今でも日本の高校生と比較すると自分の日本語力は絶対に低いですし、語彙力も足りません。

日常会話への支障はありませんが、文学作品読んで読書感想文書け!と言われたら多分無理です。

インターにいると全ての知識は「英語」でインプットされます。

それを日本語に変換することがなく定着すると考えやすい言語も「英語」になるでしょう。

例えば数学で「Multiply」と習ったら「掛ける」とは考えない。

小学生の頃はいいでしょうがそれが高学年へとなっていくとそれはもっと出てきて専門的な単語は英語ではわかっているけど、日本語ではわからない、そんな状態になります。

数学の「!」記号を「Factorial」と覚えたら「階乗」とは考えない。

そんな事が積み重なっていくと日本語で思考する事のハードルが高くなり、自分にとってもっと楽な英語で考えます。

だから日本語忘れるんです。

忘れるというか、「勉強してない」から日本語使わなくなるんです。

日本語勉強の仕方

ではどうやったら日本語力を維持できるのか。

一番気になるのはそこ!

自分がやっている方法をご紹介します!

日本語を維持したいかしたくないかはそれぞれの考えがあると思いますが、自分は今後日本に住む予定は無くても「日本語」は維持したい。

なので英語以上に力を入れて勉強しています。

塾へ通う

まず「塾へ通う」という方法がありますね。

王道の方法だね。

そう、小さい子は特に通っている子が多い。

日本語の塾へ通うとそれだけ日本語に触れる機会が増えるのでそれだけでも効果的です。

塾ではしっかりとそれぞれに合ったレベルで教えてくれるのも魅力的。

基礎中の基礎から教えてくれる。

ゆうきは行った事あるの?

それが「無い」の。

小学生だったら選択肢としてありだと思いますが、高学年になると勉強したいのは「漢字の書き方」というより「言葉」

語彙力を増やす方がメインです。

塾に行くと「日本語の勉強」はできますが、「日本語で勉強」という方が重要です。※という個人的な意見を持っています。

でも、基礎を勉強するために、日本語で勉強するだけの語彙力を付けるために日本語の塾へ通うのは本当に良い選択肢

ただ塾だけに頼ってしまうのでは無く、他の面からも補っていきましょう。

独学

ということで著者、塾へ通ったことは人生で一度もありません。

じゃあどうやって勉強したの?

全て「独学」です。

日本語の勉強であれば今やインターネットでも多くの情報が出回っています。

そして下手ながらにも多少の日本語はできているので目をつけたのは「独学」でした。

というか塾へ通うという選択肢が当時の自分にはありませんでした。

本を読む

独学で一番良いのが「本を読む」という事。

最近は毎日必ず日本語の本読んでます。

読書の何が良いの?

本を読むと言い回しも勉強できるし、もちろん言葉も覚えるし、漢字も覚えられるし、一石二鳥。

一番早い勉強方法です。

特に創作系の本を読む事で情報では無く日本語に焦点を当てて勉強する事ができる。

そういう本は言葉使いも専門用語とかが入ってこないから一番日本語の勉強になる。

ジャンルは創作系、もしくは自伝などの本を読むようにしています。

日本語で再インプット

さあ本で勉強、もちろんそれだけでは足りません。

一番自分が行った方法は違います。

じゃあどんな勉強方法だったの?

学校の授業で英語で勉強した事をできるだけ日本語に全て翻訳する。

例えば科学の授業では多くの専門用語を勉強します。

英語で覚えて英語では意味が理解できるようになりますね。それを全部「日本語」に訳してました。

空き時間にまず英語で覚えた単語を日本語に訳して、それから日本語でその単語の意味を理解する様に検索します。

どういう事?

例えば、科学で「Photosynthesis」という言葉を勉強したとします。

学校の授業ではそれがどういうものなのか先生がしっかりと英語で説明してくれるので英語では理解する事ができましたね。

その新しく習った言葉を翻訳機に入力します。

すると「Photosynthesis=光合成」だという事がわかりました。

でもこれだけでは足りない。

なんで?

頭の中では日本語で「光合成」とは何か聞かれたら、光合成→Photosynthesis→英語での意味と理解するからです。

なのでその後「光合成」とはどういうものか日本語のみを使ってインターネットで調べてみます。

すると「植物やプランクトンなどが行う光エネルギーを化学エネルギーに変換する生化学反応」という事がわかりますね。

この中でわからない日本語の単語が出てきたら、(例えば生化学反応がわからないとします。)それをまた調べましょう。

そして全くわからない単語が無い状態まで来れば日本語での勉強は終了。

大変じゃん。

結構大変です。

こうやって行くと徐々に知っている単語も増えていき、検索する必要がある単語もどんどん減っていきます。

最初は大変ですがちょっとすれば大体の単語は日本語で理解できる様になるので、そしたらそれは「日本語が出来る」と言っていいのではないでしょうか?

全部の教科でやっているかというと違いますが、数学、化学、社会系はやってます。

どうしても日本語の「国語」はないので、ここはセンター試験の過去問題漁って勉強するしか方法は無かったです。

日本語を使う場面を増やすことが重要

ここまでやっている人は少ないと思います。

こんなにやりたくないよ!

自分もそうです。笑

ただ著者の場合は日本で日本人に自分の日本語が通じなかった事があってからショックでここまでして日本語を勉強しています。

ここまで全部やれ!とは言いませんが、結局何が一番重要かというと「使う機会を増やす」という事。

外国に住んでいると日本語は家の中でしか使いませんが、例えば携帯やパソコンの設定言語を日本語にしたり、無理矢理日本語を使う機会を出来るだけ増やしてみてください。

少しづつ覚えていきます。

でも英語もしっかりしたい

日本語の勉強って大変だね、、、

語学を覚えるという事は何語でも難しい。

ただ日本語にフォーカスしすぎて今後は英語力が衰微してしまったら本末転倒。

せっかく海外で勉強しているのだからもちろん英語にも力を入れないといけません。

今回紹介した方法は「ある程度英語が上手になって、日本語<英語の状態になってから」試してください。

バランスが重要なんだね。

まとめて

今回は海外在住学生あるある「日本語力の維持の方法」について見てきました。

実際に日本語を忘れかけた著者、本気で日本語に取り組んで今では普通にしゃべることが出来ています。

幼少期から海外で育った人の一番の悩みが「日本語」

どうしても使わなくなってしまうので出来るだけ使う機会を増やしていく事が重要です。

フォローおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です