【覚えたらかっこいい】ネイティブも使う英語のことわざ50選。

英語にももちろん「ことわざ」あります。

これがやっかいなのですよ。

なんで厄介なの?

「翻訳」出来ないからです、、、

英語学習者であれば誰もが一度は通る道、「ことわざ」ですが勉強法が暗記以外ありません。

辞書引いて全部調べるのか、、、

そんな勉強法していました。

そこで、英語ことわざ辞典みたいなものがあれば便利だと思ったので、今回は実際に海外のインターナショナルスクールに通う著者が「使用頻度が多いことわざ」をリスト化してみました。

この記事では一挙50個紹介。

これであなたも英語ことわざマスターになれます!

前編を先に見てください。

実は英語のことわざはこのブログでの前回一度取り上げています。

英語のことわざってどう覚えればいいの?

方法はただ一つ、暗記しかありません。

ことわざは文化の背景なども入っているので「直訳」が出来ないんですよね。

でも使えたらかっこいい!という事で先にしたの記事をご覧ください。

英会話でよく使われる「ことわざ」50選。在外高校生が紹介。

英会話でよく使われる「ことわざ」50選。在外高校生が紹介。

英語でのことわざ、 これ、結構難しいです。 日本語と使われ方が全く違うモノもあったり、かと思えば日本語と全く直訳と言ってもいいくらい同じ意味のことわざもあります…

動物系ことわざ20選

英語では動物が出てくることわざが多数あります。

前回の第一弾でも動物系ことわざは見て来ましたが、まだまだあります。

動物系の言い回しはとても多い!ということでまずは動物ことわざ10選見ていきましょう。

早速行きます!

  • The elephant in the room.(見て見ぬ振りをする)
  • There are other fish in the sea.(他にもっと良い人がいる)
  • One trick pony.(一つの芸しかない)※OTPとも言われる
  • The lion’s share.(取り分の大部分を占める)
  • Hold your horses.(ちょっと待って)
  • That really gets my goat.(怒った)
  • Pig headed.(頭が硬い、頑固)
  • Weasel out of something.(責任をうまく回避する)
  • The cat’s meow.(素晴らしい)
  • Quit cold turkey.(キッパリやめる)※タバコ・酒・薬に使用される

日本語でも動物を例えに使ったことわざは結構多いですよね。

英語も同じで動物が入っていることわざはとても多いです。

「The cat’s meow」は直訳すると「猫のニャー」と意味不明ですが、フレーズの中で使われていた場合は「素晴らしい=Wonderful」という意味。

こんなの絶対翻訳できない、、、

さあまだまだ続きます。

次を見ていきましょう!

  • Watch something like a hawk.(厳しく見る)
  • Like a fish out of water.(場違いな気分)
  • Fish or cut bait.(どちらを選ぶかはっきり決める)
  • Ant in your pants.(ソワソワしてる)
  • Mad as a hornet.(怒っている)
  • Wouldn’t hurt a fly.(とても優しい)
  • At a snail’s pace.(ノロノロと)
  • Busy as a bee.(とても忙しい)
  • Open can of worms.(厄介な問題を引き起こす)
  • Eagle eyes.(鋭い目)※Hawk eyeとも言う

さあこれで20個見て来ました。

Mad as a hornetはアメリカで使われていることわざで、イギリス圏ではあまり通じません。

意味は「怒っている」という意味なのですが、「Mad as a hornet(蜂のように狂った)」はすぐ理解できますね。

理解しやすいことわざもあるだね!

日本語と似た言い回しもあって、そういうのは覚えやすいね!

日常でも使えることわざ20選?

さあ動物系のことわざを見て来ましたが、次に行きます。

これ、後から気付いたのですが、このリストにもそれなりに動物入ってましたね。

動物入ってるのかよ!!

許して!

ただこちらのリストでは動物以外のことわざや表現が含まれています。

さあ、こっちは一気に20個行きましょう!

  • A bird in the hand is worth two in the bush.(手中の1羽は茂みの中の2羽より価値がある)
  • A penny for your thoughts.(一体何を考え込んでるの?)
  • A perfect storm.(複数の悪いことが起きる)
  • A picture is worth 1000 words. (百間は一見にしからず)
  • Bite off more than you chew. (手に余ることをする)
  • By the skin of your teeth.(辛うじてできた)
  • Do unto others as you would have them do unto you.(人にしてもらいたいと思うことは、あなたも人にしなさい)
  • Every cloud has a silver lining.(苦あれば楽あり)
  • Give someone the cold shoulder. (人当たりが冷たくなる)
  • Go on a wild goose chase.(無駄骨を折る)
  • He has a bigger fish to fry.(もっと大切なことがあるでしょ)
  • Live and learn.(何事も経験である)
  • On thin ice.(危険な状態で)
  • Once in a blue moon.(稀に)
  • Play devil’s advocate.(ケチをつける)
  • Pull yourself together.(気をしっかり!)
  • Saving for rainy day.(万が一に備える)
  • So far so good.(今のところまあ良いよ)
  • The best thing since sliced bread.(とても素晴らしい)
  • The devil is in the details.(あらゆる細部に落とし穴がある)

こちらは一気に20個みて来ました。

面白いことわざ見つかりましたか?

So far so goodは僕も良く使う!

どんな時に使うの?

「調子どう?」って聞かれた時笑

課題の途中に先生から「どう?」と聞かれた時、質問がなければ「So far so good」が一番良い逃げ方です。

全部説明するのだるいじゃないですか。

これ言えたらかっこいい、ネイティブことわざ10選

さあここまででなんと「40個」みて来ています。

このテンポでみていくと早い!

もちろん、覚えないと意味はないけどね。

こんなに一気に覚えられないよー

ゆっくり少しづつ覚えていきましょう。

さあ残りは「10個」

最後はこれが言えたらかっこいい!ネイティブもよく使うことわざを10個まとめてみました。

  • As right as rain.(申し分がない!)
  • Break the ice.(話を切り出す)
  • Calm before the storm.(嵐の前の静けさ)
  • Good things come to those who wait.(果報は寝て待て)
  • Haste makes waste.(急ぎは消費の元)
  • It’s a piece of cake.(超簡単!)
  • On cloud nine.(まるで天に昇る気持ち)
  • Run like the wind.(疾走する)
  • Waste not, want.(無駄がなければ不足もない)
  • We see eye to eye.(同じ意見でよかった)

如何だったでしょうか?

特に「It’s a piece of cake」とかは「とても簡単」という言い回しで良く使われます。本でも出てくるので知っておいた方がいいことわざ。

これは今度使ってみる!

是非少しづつ覚えて使ってみてね!

英語のことわざは数えきれないほどありますが、日常で使うのはそんなに多くありません。

少し覚えて使えるようになったらかっこいい!

ある程度英語が理解できるようになってきたらことわざもチャレンジしてみてください。

フォローおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です