バイリンガルが教える「英語最短習得方。」あなたもすぐに実践できます。

英語覚えるの、大変ですよね。

何で勉強していますか?

聞き流しスピードラーニング?

英検学習?

文法から入る学習?

そんな教材に頼っていませんか?

もちろん、これらを否定するつもりはありません。

でもね、本当にその教材「だけ」で英語習得していますか?

英語は文法だけじゃない!

まったく上達しなかった、なんて声も聞きます。

義務教育を終えた日本人であればだれもが「英語を喋れるポテンシャル」は持っているのです。

それをどう開花させるか、問題はそこだけなのです!!

英会話レッスン

英語 英会話 オンライン英会話 バイリンガル 英語勉強効率

まず、英語の勉強というと「英会話レッスン」に通うという方法がありますね。一番最初に思いつく方法ではないでしょうか?

これ、効果はあるとは思うのですがレッスンに通っているのであれば、それの一番の効果は「スピーキング」です。

発音の練習、文法の練習、

そんなのに偏っている英会話教室は意味なし!

それなら今すぐやめてください。

せっかく通っている意味、ありませんよ。

レッスンに通うのなら人と喋れる場所。

実は日本人、とっても頭がよくて義務教育の英語レベルで「文法」的にはそこまで問題ありません。

相当勉強しているのです。

英語、喋れるポテンシャルは全然あります。

高校でも英語の授業とってた?

でも成績「1や2」だって?

そんな英語→日本語のテストの点数で語学レベルを判断しないでください。

あなたも、絶対に英語を喋れるようになります。

なんなら、今少し喋ってみてください。

堂々と、間違った英語をしゃべってみてください。

それをネイティブの前でもやってください。

「発音が違う」と怒られる事は無いでしょう。

コンビニに入って店員さんが外国人だった時、「日本語の発音が違う」と指摘してますか?

しないでしょう。

それと一緒。

外国人と喋るとき「堂々と」間違った英語でもいいから喋ってみてください。

初対面の外国人に「あなたの英語間違ってる」なんて言われる事は無いでしょう。

それから友達になって、相当親しくなったら指摘されるかもしれません。

そしたらチャンスですよ。

それで英語覚えられますよ。

簡単に。

英語の勉強法

そんな感情論をぶちまけてきましたが、じゃあ一体どう勉強したらいいのかと。

もちろん「勉強」せずに英語習得は不可能です。

一番知りたいのはどの勉強法が一番効率的か?

日本人が一番必要なのは「スピーキング」「リスニング」の勉強で、英語の文章を読むことはそれなりにできると思います。

その中から知っている単語を見つけ出し、なんとなくはどんな内容が書いてあるのか、わかりますよね。

ただ、アメリカ人に急に話しかけられたらどうしてもニコニコしながら立ち去っていませんか?

そこでリスニングやスピーキングが重要になってきます。

本で独学ももちろん「一つの方法」ではあり、著者も10年前はその方法で英語勉強していました。

名門インターの入試にその方法で合格しました。

ただし「本」だけでは無理。そこに組み合わせたものがあります。

「家庭教師」でした。

しかも日本語が全くできない。

それは金額がかかりすぎるし、なかなかいないって?

「オンライン授業」という選択肢、ありますよね。

あの世界中の教育業界で騒がれているオンライン授業。DMM英会話などもあります。

これ、世界の先生と「英語のみ」で喋れます。

月額数千円で外国人講師と喋れるコースが提供されている物も、結構あります。

外国人講師が提供するレッスンの何が一番いいって「日本語が出来ない」という点。

だから喋るのに必死になり、「日本語」という逃げ道がありません。

人間、追い込まれるとすぐに覚えるものです。

著者は最初、英語がほぼできない状態で日本人がいない状況の学校に放り込まれました。先生はもちろん、友達も日本語は喋れません。

授業についていくためにも、友達を作るためにも「英語」が必要になったので1年も経たずにしてそれなりに英語で会話できるようになりました。

日本にいながらその状況を作るのは無理ですが、「できるだけ日本語が出来ない英語講師」から学ぶと英語の覚えは早くなります。

日本人はみんな英語が話せる可能性がある??

実はね、日本人は「英語が出来ない」と思われていますが、それ、思い込みじゃないですか?

英語、使わないから喋れないだけであって、いざ使おうと思えばとっさに多少の言葉は浮かぶと思います。

だからね、「英語が喋れるポテンシャル」は誰にでもあるのです。

もちろん、あなたにも!

そのポテンシャルをどう開花させるのか、いや、英語を勉強すればだれでも開花します。

ただ、「どれだけ早く」開花できるのか、それは勉強法によって変わってきます。

実際に海外留学した学生を見てみると、皆英語上手ですよね。

外国に放り込まれれば英語が結構早く喋れるようになる、つまり英語を使う環境が出来れば英語は喋れるようになるのです。

自分からそのチャンスを避けていたらダメですがね。

そこで著者が考える一番いい英語の学習法はスピードラーニングではなく、「オンラインレッスン」です。

外国人講師と喋れる機会を設けてくれる、それも月々数千円で実現可能。

自分、これアフィリエイトがあるから言っている訳ではありません。

なのであえてリンクは貼りませんがGoogleで検索してみてください。

「英会話 外国人講師 オンライン」

この3つのキーワードを入れて検索すると結構出てくるもんですね。

無料トライアルを設けているサービスもありますので、まずはお試しして自分の勉強法にあるか試してみてください。

ただ一番スピーキングやリスニングを鍛えられるのはこの方法です。

文法や単語は独学でも全然覚えられます。

自信をもって喋るのみ。

さあ次のステップは「自信をもって喋る」という事。

英語を喋る上で一番重要なのは「自信をもっているか」どうか。

これは相手の立場に立って考えてみたら簡単な事。もし外国人が頑張って日本語で話しかけてきた、でもわかりにくい、そんな時どうしますか?

「日本語が違う」と指摘だけして相手の話を聞きませんか?

オドオドして全然分かりにくい喋り方だったら無視してしますでしょう。こちらは急いでいる訳ですから。

間違っている日本語でもはっきりと喋ってくれたら返事を返すと思います。

多少間違っていてもそれなりに何を聞きたいかは理解できると思います。

ジェスチャーを入れて、自信を持って、堂々と喋られたら「この人日本語上手だなー。」

そう捉えませんか?

英語でも一緒でとにかく自信を持って、頑張って相手に伝えようとしていれば伝わります。

この方法であれば多少文法が間違っていても、なんとなくで伝わります。

堂々と喋る事が一番!

まとめて

今回は「英語の勉強」について探ってみました。

日本人はなぜ英語ができないのか。

本当に英語できないんでしょうか。

「自分には無理」と決めるつけるのではなく「自分にもポテンシャルはある」と前向きに考えてみてください。

絶対に勉強の速度が上がります。

そしたらスピーキングやリスニングに力を入れて、自分から外国人に話しかけてみてください。

意外に通じるかもしれませんよ?

文法や単語数はそれから増やしていけば良いです。

アメリカ人だって日常会話喋るたびに「文法が、、、」なんて考えませんし、間違ってます。

普通に「More Better」とか言ってます。

ただ堂々と文法を間違えていれば「そう言う物か、、、」とも思えますし、なんせ「相手に通じる」と言う事は一番重要。

ぜひ試してみてください。

フォローおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です