【徹底解説】インターで聞く「IGCSE」とは一体何か?

インターナショナルスクールに通っていると「IGCSE」という単位、よく聞きますね。

このブログでも何回か取り上げてきている「IGCSE」

一体「IGCSE」はどういう物なのか、詳しい説明はしたことが無かったのでこの記事では「IGCSE」について探っていきます。

IGCSEは大学入学の単位なのか、高校卒業を証明するものなのか、その真実に迫ります。

IGCSE

IGCSEは14歳から16歳向けのカリキュラムで、ケンブリッジ式の教育システムで取り入れ垂れている国際高卒認定です。

世界中の学校で取り入れられている教育システムで、ASレベル、A-レベル、プレUなどの準備に最適なコース。

国際基準の単位の為世界中多くの大学で認められているIGCSE、実は日本と大きく違うのはその学習期間です。

日本と大きく違く学習期間?

そう、日本では高校は3年間、ケンブリッジ式IGCSEのコースは2年間になっています。

それはどういう事?

つまり、簡単に言えば「日本より卒業時期が1年間早い!!」

大学に早く進学できるという事か!?

この答えはYES、とNO、両方あります。

というのもIGCSEでは大学1年生へ直接進学できるケースは少なく、大学が提供するファウンデーションコースへ進学、もしくは高校のさらに延長教育であるA-levelの取得の2択になります。

じゃあIGCSEだけで大学は難しいのね。。。

もちろんファウンデーションコースはしっかりとした大学のコースなのでそこへの進学は可能。

但しすぐに大学1年生へ進学、とはまた違います。

IGCSEは1年早く終わる分、大学が1年長くなり結局卒業時期は一緒ですね。

ファウンデーションコースについてはこちらの記事で詳しく説明しています。

海外大学で聞く「ファウンデーションコース」って何?

日本の大学にはない、しかし海外の多くの大学で取り入れられている「ファウンデーションコース」という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。 特にこの記事を読んで…

IGCSEの利点

IGCSEはイギリスの「GSCE」の国際版、内容はほぼ一緒です。

しかし、日本の教育とはまったく違うシステムになっていて、アクティブラーニングを多く取り入れた勉強、さらに自分の得意分野に特化した勉強を「高校」から行う事が出来ます。

そこがIGCSE一番のメリット!

IGCSEは選択できる科目の幅がすごく広い、数十科目の中から学校のガイドラインに沿って好きなコースを受ける事が可能になっています。

そんな科目のリスト、この記事にも載せたかったのですが数がすごく多いので下の公式サイトで一覧をご覧ください。

なんとその科目数は全「70科目」です。※2021年2月現在

科目一覧

一部を紹介すると、アカウンティング、物理、コンピューターサイエンス、デザイン、演技、ラテン語、アラブ語、パキスタンの勉強、食事と栄養、などなど。

聞いたことも無い、名前を聞いただけではどんな勉強内容なのか全く想像もつかない教科もあります。

「パキスタンの勉強」なんて特によくわからないですよね。

意味不明だけど面白そう!

結構専門的な分野も含まれていて、学校側が全て提供している訳ではありませんが学校が生徒へ提供できる範囲で好きな科目を勉強する事が出来る。

卒業の為には約5-7科目取っている事が必要とされていて、公式としては最大14科目まで取る事が可能と言われています。

14科目も受けれるの?

流石に大変ですが、可能っちゃ可能です。

2年間あるからか、、、

そういう事。「2年間で」取るコースです。

それでもコアサブジェクトと呼ばれる「英語・数学・科学」は必須とされていて、偏って数学だけで5科目、とかは出来ないようになっています。

学校側のガイドラインもありどんな科目を取るのか選択は出来るものの、完全に自由ではありません。

大学みたいだ。。。

この大学に近いシステムは海外高校あるあるで、ほぼ大学の様に自由に科目を選択する事が出来る。

大学の教育スタイルに慣れていって「準備する」のが高校、と考えられているので選択の幅が広くなっているのです。

IGCSEはインターの卒業資格?

「IGCSEはインターの卒業資格」という事は理解できましたが、本当にそうなのか?

確かに「International General Certificate of Secondary Education(国際一般中等教育修了試験)」という意味になっています。

「I」が付いているのでインターナショナル、国際版、「I」のついていないものは主にイギリスの学校で取り入れられている単位。

こう見るとインターでの共通単位に見えますよね。

注意としては「インターナショナルスクール全てで取り入れられている」という訳ではないという事。

ケンブリッジ式の教育を採用している学校ではIGCSEを導入していて、高校ではIGCSEのカリキュラムで勉強します。

但しアメリカンスクールや国際バカロレアと言った全く違う単位もあり、これらとは何の接点も無い。

似ているようで全然違う単位なので「インターには色々な単位があってその一つがIGCSE」という事になりますね。

それぞれ全く違う単位で違う良さがあるので自分に合ったカリキュラムを見つける事が重要です。

IGCSEと他の単位の違いは?

自分に合うカリキュラムと言われてもわからないよ!

勿論、他の単位と比べていきます。

このブログでは各カリキュラムの記事を載せていて、「自分に合った教育スタイル」という物を見つけられるようにするのが目的。

そこで今回はIGCSEと他の単位を比べてみます。

アメリカンスクールとはすでに比較記事が上がっているので下からご覧ください。

IGCSEとは何か、IGCSEとアメリカンスクールの違いは?

インターナショナルスクールの多くではIGCSEというテストを受ける事ができ、コース選択でもIGCSEを取っている留学生は多いと思います。そのIGCSEは一体どういうコースなの…

ではアメリカンスクール以外と比べるとどうなのか。

特に比べられるのが「IB」でしょう。インターと言ったらIB、という認識もある位に「IB国際バカロレア」というのは世界基準になっています。

先に結論を言ってしまうと「IBの方が難しい」というのは明確。

IGCSEが簡単という事ではありませんよ、IBがメチャメチャ難しいのです。

IBは大学レベルの勉強ですもんね。

IGCSEは大学レベルじゃないの?

IGCSEは「高校卒業認定」なのであくまでも大学の勉強へ向けての準備の勉強。高校卒業レベルのコースとなっています。

IBDPも同じ2年間のコースですが、IGCSEと違うのは「コースの受講が必須」となっていて、IGCSEは「テストのみの受験も可能」という点。

IBDP生がフェイルセーフプランとしてIGCSEのテストも受けるのは有名な話です。

もちろんIGCSEも普通に難しいコースではあります。

IBDPと比べると。。。という話です。

IBは受ける生徒も限られていますが、(やはり少ない)IGCSEは国際的なケンブリッジ式の高卒認定なので受ける生徒も多い。

大学側もしかっかり「IGCSEで受験の場合は」という項目も作っていて、もちろん大学へ進学する事も可能。

NUS(シンガポール国立大学)※アジアQSランキング1位タイでもIGCSEでの成績が良ければ入学が可能です。

IGCSEはIBに比べると簡単、でも名門大学も十分に目指せる!

IGCSEの後にA-levelを取る必要はあるのか?

永遠の課題として「IGCSEの後にA-levelを受けるのか」という問題があります。これは完全に2択に分かれていて、「大学に進んでファウンデーションコース取ったほうが良い」という意見と「A-levelを取った方が良い」という意見両方聞きます。

学校はもちろんA-levelを勧めますが。。。

学校がA-levelを勧める理由は簡単。学校在籍が2年長くなるからです。

A-levelは取らなくても進学は可能、A-levelを受けるとファウンデーションコースは免除になります。

これは完全に自分にあったスタイルを見つける必要があって、早く大学のファウンデーションコースに入って大学に慣れるのが優先か、A-levelを受けてじっくり自分の得意分野を見つけながら大学を選ぶのか。

なのでその時の自分にあったスタイルを選択すればいいです。

まとめて

今回は意外にもまとめていなかった「IGCSEとは何か?」という質問を探ってみました。

IGCSEは国際的に認められている高卒認定、大学進学も出来る単位です。

世界的に見ても多くのインターナショナルスクールで取り入れられていて、その利点は科目が多い事、大学の授業に向けた準備の授業、という事です。

自分にあったカリキュラムを見つけてくださいね。

フォローおねがいします!

【徹底解説】インターで聞く「IGCSE」とは一体何か?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です