ニュースで聞くけど、 変異種 って一体何?どうしてウイルスはすぐに変異種が発生するのか。日本でも新種の変異種が見つかった

先日日本でも「新型コロナウイルスの 変異種 」が見つかったと話題になりました。それもイギリスや南アフリカですでに確認された物とは違う、また別の変異種でした。

新型コロナウイルスが世界中に広がりだしてから約1年ちょい、なぜこのタイミングで変異種が世界中で確認されているのでしょうか?

またウイルスの生体上変異を行う理由と変異株の怖さ、現在のワクチンの効果性があるのかについて見ていきます。

変異種

変異種 変異株 コロナ変異

ウイルスは時間を重ねるにつれ、「変異」します。

現在イギリスや日本国内でも変異種は見つかっていて、新型コロナウイルス(COVID-19)が広がってから約1年という速さで変異種が見つかっています。

ウイルス的観点で見ると、これは別に特殊ではありません。

「ウイルスは進化・変化が早いです」

ウイルスは生物ではないですが、遺伝情報は持っています。

ウイルスに関しては前回記事を書いています。

変異が見つかった?報道で恐怖?しかし「 ウイルスとは 何か」か考えた事ありますか?

世界中で騒がれている「コロナウイルス」ですが、その「 ウイルスとは 何か、考えた事はありますか? 報道でも「ウイルスが怖い」だの「ウイルスへの予防」だの言われてい…

その為ウイルスが増殖する=コピーが作られているという事なので、人の細胞がDNAをコピーしているのと同じ原理、ただしその速度が違います。

人間の場合はエラーが出来るだけ少なくなるように、毎回完璧にコピーしようととても精度が高いです。

エラーが発生する事は稀にあり、それらが病気へとつながっています。

ウイルスの場合はその「エラー」が起こりやすいのでそれが「変異」へとつながっているのです。

人間の場合、DNAのコピーは「正確さ」を最も重要な観点にしていますが、ウイルスのDNAは違います。「速さ」を最重要観点にしているのでエラーがとても起こりやすく、変異種が発生しやすいのです。

一部情報はJohns Hopkins大学医学部を参考にしています。

イギリスの例

一番ニュースで騒がれていたのは「イギリス」で発見された新型コロナウイルス(COVID-19)の変異種ですね。

この変異種は「VOC202012/01」型と呼ばれています。

イギリスが再ロックダウンしたという事でニュースになっていました。

BBCニュースによると、変異種は感染力が高く、ウイルスの重要なポイントに変異がある為、従来の新型コロナウイルスよりも強いと言われています。

確かに感染力は強く、子供などにも移りやすい、持病を持っていない方でも重症化する可能性があると言われています。

感染力が強い為、ニュースになっていましたが、そもそも現在世界中で広がっている新型コロナウイスは当初武漢市で発見されたものではなく、「D614G型」というヨーロッパ諸国で去年の3月頃に広まっていた変異株です。

武漢市から感染が広がったウイルスはヨーロッパで変異が確認され、去年問題視されていましたよね。

新型コロナウイルスの変異種は毎月発見されています。

但しその変異種が感染力が強かったり、構造が違うという事が無かった為あまりマイナーな変異種は重要視されていませんでした。

変異した後も根本的な構造がそこまで変わっていなければ既存のワクチンが使えるのであまり危険視していません。

現に現在いくつかの国で使われているファイザー製のワクチンが有効的だと証明され、イギリスで見つかった変異種に関してもファイザー製薬がその有効性を確認したと発表しました。

南アフリカの例

南アフリカでも変異種が発見されています。

こちらは「501Y.V2」型という名前がついていて、今までの新型コロナウイルスと異なる点があるとした調査が進められています。

ウイルスの特徴としてはイギリスの変異種と同様、感染力が従来の新型コロナウイルスより強いと懸念されています。

しかし一番懸念されている点はそこでもありません。

実はこの南アフリカで発見された変異種が一番恐れられています。

それは「従来のワクチンが効かない恐れがある」という点です。

オックスフォード大学のサー・ジョンベル教授が今までのワクチンが効かない恐れがあると発表しました。

こちらのCNBCの記事を参考にしています。

彼は「イギリスで発見された変異種に関しては有効性が確認されているが、南アフリカの物に関しては効かない可能性もある」と発言しています。

WHOはすでに「今後出てくる変異種に関しても現在のワクチンが効くだろう」と発言していましたが、「さらなる調査が必要」とも述べていて、有効性に関してはまだまだ調査中。

変異種の怖いところは「まだわからない」という事です。

原点に戻ってみれば、当初このウイルスが恐れられていた理由も「まだわからない」だったので変異種も全く一緒です。

研究が進みワクチンの有効性などが証明されれば変異種も恐れられなくなってきます。

日本の例

実は日本国内でも、他の国では確認されたことのない「変異種」が発見されています。

現在イギリスの「VOC202012/01」型は49カ国で見つかっていて、上の南アフリカ「501Y.V2」型は19カ国で見つかっています。(21年1月12日時点)

日本ではブラジルから帰国した方から新型コロナウイルスの変異種が発見されました。

この変異種に関して、WHOも報告を受理しました。

この変異種はまだ見つかったばかりで何もわかっていません、現在分かっている事は今までに確認されていない変異種である事、従来の物に比べ12箇所に遺伝子の変異があったという事です。

その12箇所の内1箇所は南アフリカ型の変異種と共通していて、恐れられています。

南アフリカ型は感染力が高い為警戒されています。

国立感染症研究所によると、ワクチンの有効性は現段階では分かっていなく、まだ調査中との事です。

変異種感染力が高い?

世界的に変異種は「感染力が高い」と言われています。

これは半分正解で半分間違えです。

注目されている変異種は「感染力が高い」もので、マイナーな物は注目されていなかったり、感染力などに変わりが無ければ注目はされません。

但し変異種は感染力が高いものもあるのは事実、現にイギリスや南アフリカで発見された変異種は感染力が高いと懸念されています。

何故変異種は感染力が高いのでしょう?

ウイルス的な視点から見れば、感染力が高い方がウイルスは感染の拡大が出来ます。

人間にどんどん免疫が出来ていき、その過程でウイルスの感染力が高くなるのです。

変異種は感染力が高い傾向ですが、毒性は弱まっているともいわれています。

但しこれに関しては賛否両論あり、まだ研究が進んでいます。

ウイルスは時間や感染とともに弱毒化する傾向で、感染者数が増加すると死者数は減ります。

スペイン風邪がその例に挙げられますね。

当時は世界中に猛威を振るい、世界中で死亡者数は数千万人と予測されています。これも新型コロナウイルス同様、世界中に広まったパンデミックでした。

そんなスペイン風邪の現在の姿知っていますか?

現在は「インフルエンザの一種」になっています。

怖い風邪の一種ですが、それで毎年数千万人の死者は出ていません。

当時死亡者が増加したのは免疫が無かったから。今では人間に免疫ができ、さらにワクチンもある為そこまで恐れられていません。

時間が経過し、パンデミックは毒性が弱まってくる傾向にある事は過去のパンデミックなどから推測されています。

ウイルス学では「感染力が高ければ毒性は弱い」「感染力が低ければ毒性が強い」と言われていて、これが新型コロナウイルスにも適用されれば、感染力の高い変異種では死者数は減るはずです。

その他の国では?

実は変異種が確認されているのは上記3カ国だけではありません。現に毎月と一定ほど変異種は確認されています。

それが問題視されているか、毒性や感染力は従来の物と比べてどうか、見られています。

それが変わらなければ従来の新型コロナウイルスと同様の処置を取ります。

例えばナイジェリアでも去年12月に変異種が発見されました。

アメリカでも感染力のル良い新たな変異種が感染している可能性がある、とホワイトハウスが述べています。

変異を重ねるコロナウイルス、マイナーな物も含めれば多くの国で変異しているでしょう、問題になる感染力が強い変異種も世界中で確認されています。

まとめて

今回は「変異種」に関してまとめました。

変異種は世界中で見つかっています。

何故変異種は発生するのか、ウイルス視点から考えるととても興味深いです。

今後永遠にこのままロックダウンが世界中で続くわけではありません、100年前のスペイン風邪よりは感染力が弱いとされていて、2年ほどで収束するともいわれています。

しかし変異種には気を付ける必要があり、ワクチンが効かない変異種は特に封じ込める必要があります。

フォローおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です