【衝撃】 世界の 新年 祝いを見てみたら日本は特殊だった?1月1日は祝日では無い国もある?アメリカ・中国・インドでの正月。

世界で 新年 はどう祝われているのか、気になりませんか?

日本では門松を飾ったり、鏡餅をお供えしたり、おせち料理を食べたりしますよね。現代は変わりつつありますが、それでも一気に全国がお祝いムードになるのが恒例のお正月行事。

これは何故なら「年神様」という幸福をもたらす神様が降臨する為、そのお祝いと神様を迎え入れる風習が生まれました。

しかし国によってお正月は全く異なります。

日本の新年の風習

日本の新年の風習は冒頭でもお伝えした通り「年神様」を迎える為に行われていますね。

そして日本では基本的に新年を祝うのは1月1日、それに替わりは無いと思います。

旧正月はそこまで祝っていませんよね

日本の伝統では新年の祝い方は初詣に行き、新年の飾りを家で飾り、家族でおせち料理を食べ、遊びではかるた取りや羽根つきですかね。

日本人にとって新年は一番大きなお祝いの一つ。

日本では新年になると同時に「何もかも新しく」する風潮が残っていて、衣類を新しくしたりしますね。

日本は元々農耕民族なので新年に「年の豊作」を願って神へ祈りをささげた事から正月の文化が始まったと言われています。

では世界を見ていみるとどうでしょうか?

実は「1月1日」を祝わない国もあるのです。

アメリカでの新年

アメリカでは「New Year」は1月1日に来ますね。

アメリカは西暦のカレンダーを使っているので1月1日は新年の大きなお祝いです。

但し祝い方は全く違います。

元々多民族国家のアメリカ、どういう風に新年を祝うのでしょうか?

アメリカでは「タイムズスクエアのカウントダウン」が一番大きなイベントだと思います。

そのカウントダウンを見に行くニューヨーク人がとても多い事、ただ他の州で行くことが出来なければその映像はライブ中継されているので安心。

日本でいうと「大晦日=紅白」ですがアメリカではそれがカウントダウンのライブ中継でしょう。

国内で時差があるのでニューヨークが一番最初に年明けを迎えますね。

もちろん除夜の鐘は無ければ、おせちも食べません。

アメリカは多民族で形成されている国、そして国自体の歴史も短くまだ200年程度です。

基本的に「伝統行事」は少ないのでお正月も同様。

カウントダウンを楽しんで、パーティーをする祝日になっています。

この期間はまだ「クリスマス」ムードも抜けていないアメリカです。

ちなみにクリスマスは1月上旬まで続き、冬休みではなく「クリスマス休暇」なのでクリスマスが盛大なイベントになっています。

中国では新年の日付が違うのは何故?

世界新年 春節

方や日本に近い中国では新年を祝う文化はありません。

1月1日の新年を祝うというよりは、旧正月の春節を新年として祝う文化があります。

2020年の場合は1月25日、2021年の場合は2月12日ですね。

旧暦のカレンダーでの1月1日なので西暦では毎年日付が若干動きます。

大体1月~3月の間にあるのが春節です。

春節は伝統行事が沢山あり、その点は日本に似ているのですが祝い方は日本とはまったくの別物。

年越しそばならぬ年越し水餃子を家族で食べ、その為に親戚一同が集結します「。

「家族で祝う」という点は日本と似ていますね。

また春節は「年」というドラゴンを追い払う日でもあるので、爆竹や「年」が嫌いな赤い装飾を施します。

街中に赤い提灯が並び、春節の前夜には爆竹や花火が鳴りやみません。

そして中華街に行くとよく見る逆さ向きの「福」の字、あれは福が逆さになっている意味では無く、中国語では「到」とかけて福を逆さにしているのです。

すると「福に到る」、福が来るという意味を込めてあの装飾をしています。

春節の特設ウェブサイトはこちらから

インドでの新年は光の式典。

世界新年 ディワリ

インドでは新年とは呼ばれていないのですが、日本の新年に似た行事「ディワリ」があります。

そしてこのディワリはなんと、大体11月に訪れるのです。

これは西暦でも旧暦でもない、インド歴を使用していてインド歴第7番目の始めの日を新年としているので全然違う日付になるのですね。

写真で見た事がある方も多いと思う、あのカラフルなお米で出来ている「コラム」という飾りを作るのもこのディワリの時期です。
※コラムはランゴリと呼ばれる事もある

ディワリは「光の式典」と呼ばれていて悪の世界と光の世界がぶつかった日、なので「光」を使った派手な飾りが行われます。

花火や爆竹はもちろん、当初は「火」を炊きそれで祝われていました。

現在はディワリの前後は買い物に最適な日と言われていて、この時期に洋服や車などを一新させる風潮があります。

色々新しく買い替えるのは日本に似ていますね。

買い物の需要が増える為街ではテントの屋台などが多く並び洋服や靴などを販売しています。

マレーシアでは新年は祝日では無い。

最後に自分の住んでいる「マレーシア」での新年をご紹介させてください。

上の伝統がある国や毎年盛大に祝われている国と比べるとマレーシアは特殊かもしれません、何故ならマレー系・中華系・インド系の3民族が共存している国だからです。

するとどの新年を祝うのか、問題になりますよね。

そこで「全部」祝われています。

正月は別に年に1回とは決められていない!

なので旧暦の新年、ディワリ、ハリラヤ(イスラム教)の3つのお祝いが来ます。

ディワリ・ハリラヤに関しては「新年」とは少し違う解釈でしょうが、ここでは新年としてご紹介させていただきます。

年に3回も来る正月、全部祝い方が違ってみていてとても面白いです。

そして肝心の1月1日はというと州によっては祝日になっている州もありますが、普通の「平日」という州もあります。

12月31日にはクアラルンプールでカウントダウンが行われるものの、旧正月やハリラヤの方が盛大に祝われていて、1月1日の新年はあまり祝いません。

どちらかというとこの期間はまだクリスマスです。

フォローおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です