海外在住者も唸った「DeepL」翻訳機の精度の良さを某翻訳機と比較。

海外にいるとどうしても手放せないのが翻訳サイト。

いくら英語が出来ても現地語が出来なければ必要です。

昔は電子辞書やら翻訳機やらとあったが、今はすべてスマートフォン1台で完結する時代へ。

とても便利になりましたね。

かの有名な「Google翻訳」はとても重宝するものの、長文などは苦手な傾向です。

特に学校で長文を翻訳したい時にはなかなか役立たない。チンプンカンプンな日本語へ翻訳されます。

そこで発見したのが今回の翻訳ツール「DeepL翻訳」です。

一時期話題になりましたね!実は地方の方言なども翻訳できるとか。

知り合いからおススメされて最近知った精度の高い翻訳ツール、実際に学校でもGoogle翻訳の代わりに使っているほど、今では手放せないツールになりました。

実際にインター在学高校生の日本人の友達から教えてもらったのでその精度は確かでしょう。

早速試してみる

まずサイトにアクセスするとこの様な画面になり、言語を選ぶことが出来ます。

このサイト唯一の欠点としては対応言語がまだ少ないこと。

「英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語・ポルトガル語・イタリア語・オランダ語・ポーランド語・ロシア語・日本語・中国語」のみの対応です。

個人的にはあとマレーシア語が欲しい所。

まだ新しい翻訳ツールサービスなので今後の言語拡大に期待しましょう。

いずれ対応言語も増えていくはずです。

今回は英語→日本語を試してみたいと思います。

こんなに単純な文章でもこの凄さがわかる。いくつかのパターンで出してくれて、まさかの敬語対応は翻訳ツールではなかなか見ない。

通常であれば「申します」とは出てこないと思います。

自分の名前「youki」をちゃんと「ユウキ」と出してくれるのも実は少ないんです。このスペル、日本語の本名では無く、それを英語風にいじったアレンジネーム。

スペル的に日本語読みでは「ヨウキ」になってしまうのですが、英語読みも行けるとは中々の優れもの。

ただこんな短文だけ見てもしょうがない。

一番の凄さを実感する為に少し長文を試してみましょう。

DeepL翻訳

翻訳したい長文の英文が思いつかなかったので、ふと考え付いたのが「アメリカ独立宣言(Declaration of Independence)」だったので今回はその文章の最初の一部を翻訳しています。

これはとても難しい英単語が使われていて言い回しも翻訳機殺しです。

そんなとても難しいアメリカ独立宣言、所々おかしな場所もありますが、ちゃんと意味を理解できるし少しの修正と敬語を直したら十分に使えるほどの翻訳精度。

これは凄い。

同じ文章を有名な無料翻訳ツールに入れると:
「これらの権利を確保するために、政府は、統治された人々の同意から彼らの正当な権限を引き出し、男性の間に設立されます。
つまり、あらゆる形態の政府がこれらの目的を破壊するときはいつでも、国民を変更または廃止し、新しい政府を設立する権利です。
そのような原則に基づいてその基盤を築き、そのような形でその力を組織することは、それらが彼らの安全と幸福に影響を与える可能性が最も高いと思われます。
確かに、慎重さは、長い間確立された政府が軽い一時的な原因のために変更されるべきではないことを要求します。
それに応じて、すべての人は、悪が苦しんでいる一方で、慣れ親しんだ形を廃止することによって自分自身を正すよりも、苦しむ傾向があります。
しかし、常に同じオブジェクトを追求する虐待と奪取の長いトレインが絶対的専制主義の下でそれらを減らすための設計を明らかにするとき、それは彼らの権利であり、そのような政府を捨て、彼らの将来の安全のために新しいガードを提供することが彼らの義務です.–これらはこれらのコロニーの辛抱強い苦痛でした。
そして今、それは彼らに彼らの以前の政府システムを変えることを強いる必要性です。現在のイギリス国王の歴史は、負傷と横領の繰り返しであり、これらの国々に対する絶対的な専制政治の確立に直接反対している。
これを証明するには、ファクトを率直な世界に提出してみましょう。」

うん、全くわからない(笑)

時々翻訳されずにそのまま「カタカナ表記にする」というのも多々あるのでこれは不便だったのだがDeepLではそのようなことは今まで一回も無く問題なく使えています。

これだけでも全然違う!

Google翻訳は対応言語がものすごく多いのでそれは重宝しているし、短文なら問題なく翻訳できるのだが授業などで長文を翻訳したい時などはこのDeepLを使っています。

長文はDeepl、短文やDeeplに載っていない言語はGoogleと使い分けられるツールができましたね。

サイトへアクセス

そんな優れものの「DeepL」は以下のリンクからアクセス、もしくは「DeepL翻訳」で検索してください。

DeepL翻訳

フォローおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です