アフターコロナで学校は何も変わらないのは間違い!

コロナウイルスの影響で世界各国で学校が休校になったりオンライン授業を導入しています。

今では徐々に回復していますね。

僕が通っている学校でも全ての授業がオンライン化されて、また世界数カ国に散らばっている高校生の知り合いなどに連絡を取ると全員「オンライン授業」を行っているとの返答がありました。

そこでコロナウイルスが治った後、学校はどのように変化していくか・どのように変化すべきかを僕の主観も入れてまとめています。

オンライン化

Photo by Pixabay

オンライン授業が増えてきていて、様々な課題などがオンライン化に成功していますね。

一部オンラインを取り入れ始めた学校も少なくありません。

元々インターではネットを使った授業が多い学校もあるため、混乱などが少なくオンライン化に成功しています。

また普段からオンラインでの課題が多い学校では学校に行きながらもオンラインで熟す事が出来る課題も多いです。

僕の学校では課題の8割がとあるオンラインプラットフォームを使っての提出です。

そのような学校はそこまで珍しくはなく、インターなどでは多く取り入れられている方法です。

実際に全てのオンライン授業が問題無く始まってオンラインでも授業の代わりは不自由なくできているので、一つ疑問が生じています

「実際の校舎は必要なのでしょうか?」

校舎は必要?

Photo by Pixabay

今回一番の疑問であるオンライン化が進むと見えてくる疑問、それは「校舎は必要なのか」です。

結論から言いますと公立学校や義務教育学校などの校舎が無くなることはないでしょう。

運営が国や県などの学校が全てオンライン化されるとは考えにくいです。

しかしこれから校舎を必要としないスタイルの私立学校なども出てくると思います。

実際に「ミネルバ大学」という校舎を持たない大学が現在ハーバード大学やスタンフォード大学道同等の注目を浴びています。

全寮制の大学ですが全ての授業がオンライン・講義なども行いません。オンラインで課題をこなして、集まる必要があれば寮内でイベントなどを行えます。

この様な大学は外出禁止令や世界情勢に左右されません。

元々全ての授業がオンラインで行われているので外出する必要もありませんし、慌ててオンラインの環境を整える必要もありません。

もちろん全ての学校がこのようになるわけではありませんが「授業全て」がオンラインのオンライン学校というものが出てくるでしょう。

またそれ以外のインターや私立の学校・もしかしたら公立校の一部までオンラインを取り入れた方法で行う学校も多くなってくると思います。

エッセイを書くなどのオンラインで完結する課題は全てオンラインで行い、もちろん実際に顔を合わせる必要のある講義やグループワークなどで校舎を使うようになる未来もそう遠くないと思います。

先生

もう一つ疑問なのが「先生」という職業の未来です。

公立学校などの先生はなくなることはないでしょう。ただ私立を主に活躍する先生は減っていくのでは?と思います。

実際にインターの先生が「自分の仕事は10年以内に無くなると思う」と言っていました。

もしオンライン化された学校が増え、またオンライン学習プラットフォームが充実してくると世界中の優秀な先生の授業を格安で受けることができます。

これは特に大学や大学院レベルの授業の話です。

義務教育は絶対に必要なので「先生」の資格を持った先生も必要です。しかし高校や大学は義務教育ではありません。

さらに専門的な勉強を進めるには先生よりもその道のプロの方や専門家で教えている方などの授業を受けます。

これから一番価値のある授業は「プロの授業」だと思います。

オンラインが発達する事によって世界中のプロの方のお話などを聞いたり実体験を元に教えてくれる授業の方が質の高い教育だと思いますし、さらに自分の専門に専念する勉強になると思うので自分の嫌いな部門は中学まで受ければ十分。

それ以降は今の大学のように自由な単位式の授業を取り入れ、必要であればオンライン授業も使っていくスタイルが生徒目線でみると一番良い授業スタイルです。

学校の代わりに必要になるもの

もし上記のようなシチュエーションになると学校以外に必要なこと・整えていかないといけないこともあります。

例えばオンライン化するにあたりさらにインターネット環境の改善なども必要になってきますし、今まで以上にオンライン学習をしやすいプラットフォームを開発する必要もあります。

各国や大学もオンライン学習で受講した単位などを認められるように調整する必要がありますし、オンライン学校やオンラインプラットフォームながら単位や卒業証書同等の物を出せるように教育を調整する必要もあります。

なのでそんなにスムーズに「じゃあ今から全部オンラインね」という風にはならないでしょう。

絶対あり得ないです。

学校も残りながらオンライン授業などのバランスを取って徐々に世界が受け入れていく・今までの教育が受け入れていく必要があります。

最後に

これから確実に「学校」の概念が変わるかもしれません。

ただしその変換には時間がかかり一瞬で今すぐ全ての学校がなくなるわけではありません。

オンライン化されていく世の中でオンラインと現実の両方のバランスを維持するのが一番大切な事ですし、オンラインでは実現不可能は実際の対面することでしか得られないこともあります。

フォローおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です