9月始業案は取り入れなくても良い理由。

コロナの影響もあり一時期注目を集めてたのが「学校の始業」です。

海外在住の皆さんにとっては普通の事ですよね?

実は4月始業の国はほぼありません、日本と北朝鮮位なのです。

学校の始業を9月に動かそうとする動きがあり大変注目を浴びていますが、「なぜ9月にずらすといいのか」そのメリットとデメリットを紹介します。

始業

世界的パンデミック、新型コロナウイルスの影響で休校が続いている場所も多いと思います。

最近は学校は再開していますが、それでも休校が続いている国も世界的にみると多いのです。

それは日本に限ったことではなく、世界的に休校になったりオンライン授業へ切り替わっているので仕方のないことかもしれません。

そこで学校の始業を9月にしようという案が出ていましたね。東大なども考えていましたが、なぜ9月にずらしたいのでしょうか?

9月は世界基準なの?

世界標準

学校の始業を9月にする理由として「世界基準は9月」と言われているからです。

インターは8月、9月入学が多いですよね。

確かにアメリカやイギリスなどでは9月始業の学校が多くそれに合わせることで留学のハードルがさがったり、世界から日本へ優秀な生徒を呼ぶこともできるようになります。

インターナショナルスクール在学生からすると、大学の始業を9月にすることはメリットが多いと思います。

日本の大学は世界からも人気ですが、始業が4月の為空白ができてしまうという理由で諦めたりすることも多いです。

アメリカ人の先生も言っていました。

日本の大学はレベルが高いのに、、、もったいないです。

大学の始業を合わせることで、今以上に優秀な人材を世界中から呼ぶことができ大学のさらなるレベルアップや発展につながるでしょう。

しかし世界的にみて9月始業の国は本当に多いのでしょうか?

確かに欧米などでは9月始業の国がほとんどです。

しかしこれは「世界基準」ではありません。ほかのアジア圏では実は9月始業でない国も多く、わざわざ欧米に合わせる必要も無いと思います。

インターならまだしも、公立学校を合わせる必要ありません。

もちろん世界化を目指すなら9月はじまりも一つの案ですが無理に合わせる必要はありません。

学校が9月はじまりでなくても世界中から生徒を集めている国もあります。

例えばシンガポールは教育に力を入れている国として有名ですが、1月はじまりの学校もあったり大学も1月はじまりの大学もあります。

シンガポールは年に数回受け入れがあるので、とても便利です。

しかしながら欧米からの優秀な生徒を集めることができているので一概に「9月始業が良い」とは言えません。

日本も昔は9月だった?

日本の学校も始業が9月だった事があります。

それは遡ること「1886」年。

当時イギリスから教育システムを学んでいた日本なのでイギリスの始業は9月だった事で当時は9月始まりでした。

なぜ変えたのか、理由は簡単です。

そこから4月始まりへと改正されたのが「1921年」のことです。当時の徴兵制や国会の会計が4月へと変更されたため、学校の始業も会計や予算に合わせて4月へとずらされました。

そう、こんな単純な理由。確かに行政で始まり時期が違うのはめんどくさいですよね。

なので、もし学校を「9月」始業へと変えた場合、当然ながら予算や国会・企業などにも影響が及びます。

学校以外への影響

始業を9月にすることで終業が8月になります。

すると学校以外への影響も出てくるでしょう。例えば学校だけ終業が8月で企業などが3月では大きな空白ができてしまいます。

新卒受け入れ時期もすべて調整する必要が出てきます。

というか平等にしようと始めたこの文化、、、廃止すべきだと思うのはまた別の話で

さらに今年分の予算を組み返す必要があったり、すでに落ち込んでいる経済にとっては大打撃になります。

学校だけを9月へとするのならいいのですが、それに合わせて企業・国会などもすべて9月へと変更するとなると一大事です。

もちろんすでに今年4月~9月まではほとんど活動ができない状態だと思い切ってすべて組み替えることは可能でしょうが極めて困難なことです。

おそらく学校はこのまま「4月始業」で落ち着くでしょう。しかし大学などでは4月始業組と9月始業組などの両方で入学できる学校が出てくる可能性もありますし、そうすると日本への留学生も増えてメリットが大きいです。

入学受付が2回、、、考えられないですが世界ではあり得るのです。

まとめて

「9月入学」のメリットやデメリットを考えてみました。

実際に海外で生活している僕ですが、自分の今住んでいる国では9月はじまり、1月始まり両方が存在していて学校のカリキュラムなどによって始業時期が異なっています。

しかしそれでも混乱なども無く、大学も年に数回入学できる期間を設けたり、企業も春のみならずに秋でも就職ができるようにしている企業も多々あります。

仕事の始まりはそこまで気にしてません。

一概に「今年から全部9月入学にする」という事は混乱もまねくので良いことではありません。しかしこれからの世界を考え柔軟に変えられるようにするという事が一番いいことです。

フォローおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です