あなたの英語の勉強法、本当に正しいですか?

英語の勉強どうしてますか?

塾へ通う?聞き流しリスニング?

そんなの効率悪いです。

自分は日本では英語の勉強はさほどしていません。塾へ通ったことは一度もありません。

でもバイリンガルになれたのには理由があります。

どうやったら英語を早く覚える事ができるのでしょうか?

文法の勉強はほどほどに?

聞き流しリスニングは意味なし?

一体どうやったら効率的に英語を学べるのかを実体験も混ぜながら紐解きます。

英語の勉強法の例え

Photo by Pixabay on Pexels.com

英語の勉強と言って思い浮かべるのは何でしょうか?

単語を覚える?
文法の解読?
英語の本を読む?

これらはほぼ意味がないです。

単語を永遠に勉強しているのは無駄なので今すぐ止めましょう。

日本では中学、高校で英語を勉強していますが喋れる人は少ないです。

そして喋れる方も中学、高校の英語の勉強は活かしているでしょうか?

その答えは簡単、「中学、高校の英語の勉強は英語上達へは無駄に等しい」です。

中学、高校合わせて1500時間以上英語の勉強に費やしていますが、これはある程度英語を話せるようになる為に必要な時間と実は同等です。

じゃあなんで喋れないのか?

1500時間勉強すれば「普通に」第二言語として英語を話せるようになっているはず、ネイティブともそれなりに日常会話なら出来るようになっているはずです。

でもできません。

その理由は簡単。「1500時間を無駄に勉強しているから。」しか理由はありません。

ネイティブ発音は意味なし?

日本人にとって英語で一番ハードルの高い事は実は「発音」です。

英語の発音は日本語と全く違い特に言われているのが「L」「R」の違い、「B」「V」の違いなどです。

これはある程度は仕方無い、日本語で無い発音なので頑張るしかありません。

また組み合わせた「Th」は「Ch」やら発音の組み合わせは無限大。なので初心者は絶対に最初に発音の勉強はしないでください。

最初から一番難しい事に取り組むのは挫折コースまっしぐら!

まずは喋れるようになることが一番、それから発音です。

最初から最難関の物を勉強するとモチベーションが下がり英語の勉強を挫折してしまします。

最初は簡単な単語の勉強、スピーキングなどから入ると初心者にとっては比較的入りやすいです。

英語は元々世界共通語と呼ばれる色々な民族がお互いに通じるようにと作られた言語です。

なのでネイティブの発音で話す人は実は少ない。

世界的にみてもどうでしょうか?例えばWHO局長のスピーチの英語は完全なネイティブ発音ではありませんが全世界が彼のいう事を理解しています。

ネイティブ圏の人も理解しています。

賛成しているかどうかはいったん置いといて、、、

彼の英語はとてもネイティブレベルではありませんが、自分の言葉に自信を持って世界中に発信しています。

これは誰でも見習える事では無いでしょうか?

日本に目を向けてみましょう。日本発の世界的大企業である「Toyota」の社長、豊田章男氏の海外向けのパブリックスピーキングではとてもネイティブの発音と言える英語では無いです。

それでも世界中の人が注目をしています。

こちらで紹介した会見は以下より:

文法よりスピーキング、リスニング。

初心者の英語勉強法で間違っているのは発音のみではありません。

最初から文法を勉強してしまうのも間違いです。

もちろん、文法の勉強をするのは悪い事ではありませんが、英語を喋れるようになるのが目的なのであれば最初はスピーキング、リスニングの勉強を優先すべきです。

日本語を友達と喋るとき、文法考えて話していますか?

英語もそれと一緒。

ネイティブも発言するたびに頭の中で文法を考えている訳ではありません。

普段自分が喋っている日本語を思い出してください。それは完璧な文法の日本語ですか?日常会話で友達と喋っている時に「私は○○と申します。」とは言わないでしょう。

英語も一緒で日常会話では使わない文法もあり、実は会話では崩している場合が多いです。

なので喋る前に文法が合っているか確認するのではなく、

思いついたらまず喋ってみてください。

それで通じなければそれから文法を考えれば良いです。

最初に一番すべき勉強はスピーキング、リスニングです。まず多少の単語が分かればそれを喋ってみる第一歩がとても重要です。

喋る相手がいなかったら携帯にしゃべりかける、スマートスピーカーの設定を英語にするなどでも良いです。それでも大きな第一歩になるでしょう。

英語→日本語では無く、英語→英語で理解しよう。

英語を勉強する時に全ての言葉を日本語に翻訳して理解しようとしてませんか?

初心者はそれで間違いないのですが、ある程度の基礎ができたら全ての言葉を日本語に変換するのはやめましょう。

頭の中で英語を全て日本語に置き換えて考えているとタイムラグが生じます。

また自分の頭の中でこんがらがってしまう事もあります。

英語は英語で理解するのがキーポイントです。

例えばDictionaryという言葉があるとします。それを「辞典」と理解するのでは無く「List of words」と理解すればどうでしょうか?

List と Wordという言葉は簡単な英語なので基礎的な単語を知っていれば理解できます。

このように新たな単語を学ぶ際、一回自分の知っている簡単な英語の言葉を使って理解すると英語の上達は早くなります。

まとめて

今まで自分が勉強してきた英語の勉強法をもう一度見直してみてください。

どうでしょうか?

最初から一番難しい物に取り組んでモチベーションが下がってしまっていませんか?

自分でもできそうな簡単な物からコツコツと勉強する事で達成感が得られモチベーションの維持にも繋がります。

英語の勉強に近道は絶対に無いので小さな目標を立ててモチベーションを上げながら勉強してみて下さい。

フォローおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です