アメリカ人も苦手なパブリックスピーキングを斬る

観衆の前に立ち演説を行う「パブリックスピーキング」ですが、アメリカンスクールではパブリックスピーキングの方法なども勉強したりプレゼンやセミナーを通して行うことが年に数回あります。

このパブリックスピーキングが自分はすごく苦手で大勢の前に立って喋るのはすごく緊張します。

パブリックスピーキングはアメリカ人の苦手ランキングでも「TOP3」に入るほど緊張する物です。アメリカ人の友達や先生も「怖い」と言いますし、実際にパブリックスピーキングのプロの方でも緊張する物なのです。

パブリックスピーキングとは

Photo by 祝 鹤槐 on Pexels.com

パブリックスピーキングとは演説のような物で、大勢の人の前で喋るという事です。

これ、すごく緊張します。

アメリカンスクールではプレゼンテーションセミナー式の授業も多くやっていて、生徒らがこれらをプロジェクトの一環として行う事があいます。

特にプレゼンテーションはしょちゅうやっていて、いきなり「今日プレゼン」という事も何回あった事やら。

流石に慣れてくると、台本を考えずにアドリブでなんとか制限時間ギリギリは喋れるようになりますがそうでないとフィラー(うーん、えーっと、)が多く入ってしまって聞き取りずらくなります。

フィラーはパブリックスピーキングでは絶対やってはいけない!

僕も最初は緊張してしまい怖かったのですが、パブリックスピーキングを制する事はとても重要でプロジェクトを流暢に進めるには必要不可欠な事です。

※しかし今だに緊張する事には変わりないです

コツ1

日本ではおまじない程度に「人」を3回手に書いて飲み込むと効くと言われています。

もちろん科学的な根拠はありませんが、実際にステージの上に立つ・大勢の前に立つ前に行うと多少気が緩む事もあります。

効かないと知りながら、不特定多数の人の前に立って喋る場では僕も使ってるおまじない笑

コツ2

もしも立っているのがステージなどなら「相手を見ない」というのも一つの緊張しない方法です。

ステージライトが当たっていればどっちにしろ相手は見えないので使えるテクニックです。

本当は相手を見て話した方が説得力があり良いのですが、大勢の前に立ち、なおかつ目を合わせてしまうと自分がステージの上に立っているという感覚が脳内を過ぎりさらに緊張します。

一番重要なのは自分の脳にこれは怖くない事・通常通りと錯覚させる事で少し緊張が和らぎます。

学校で学んだのは

Photo by Pixabay

海外のインターでパブリックスピーキングを学ぶ際、以下の点に気を付けるようにと学びます。ほかにも人様々な方法がありますが実際に実践して効果的だった物を並べてみました。

1

動き回らず、でも多少の動きを入れる。

緊張するとどうしても動き回ったりしてしまいます。これは見ている側からすると不自然な動きもあり集中力を切らしてしまうので、出来る限り動かないように気を付けています。

貧乏ゆすりダメ絶対!

でも多少の動き(ジェスチャーなど)を入れないと逆にロボットの様になり不自然なので気をつけましょう。

僕は、基本的に手のジェスチャー以外はしませんが時々位置を変えたりスクリーンの反対側へ移動したりする事によりバランスを保っています。

この移動も実は気を使う、、、どのタイミングで移動したらいいのか、、、いまだよくわかりません。

2

ネガティブな言葉を使わない

他には言葉使いを学びました。あまりネガティブな印象がある言葉は使わないようにして、でも堅苦しくならないようにします。

ネガティブな言葉は日本語だとこんなのがあります。

このような言葉やこの漢字が入る言葉はできるだけ避けて言葉遣いを選んでいます。

これだけで印象ダウン・・・英語でのスピーチでも気を付けています。

もしも堅苦しくなる場面があったら少し間を開けたり、ちょっと笑いを挟むのもいい手です。

ずっと真面目なトーンで喋っていると聞いている方も疲れます。

時より笑いを挟むスピーチはTEDを見ていても面白いですよね。

※パブリックスピーキングに一番のお手本はTEDTalkみましょう。

堅苦しくなると自分もさらに緊張が増して大変で、しかも聞いているほうもつまらなくなってしまい演説の質が落ちてしまいます。

そのほかにも自分の緊張をほぐす仕草を作っても良いかもしれません。

例えばオバマ大統領は演説の時、手の指を反対側の手の指とくっつけて喋っていますよね。

演説の動画をよく見ていると手の指同士を軽くくっつけて、それから喋りだしています。

指先から感じられる僅かな脈に集中する事で、緊張を抑える効果があると思われます。

最後に

アメリカ人も苦手な「パブリックスピーキング」についてまとめてみました。

僕も何回やってもやっぱり緊張して、特に大勢の前で喋る時の感覚はいまだに苦手です。

相当数のプレゼンこなしてきましたが。。。

紹介した一部のコツを実践してみたり、自分なりに緊張をほぐす方法などを見つけてもいいと思います。

フォローおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です