読書感想文は自分の好きな事を書いて良い理由。

本を読む方は多くなってきて、実は動画が主要となる中、引き続きという勉強兼エンターテインメントツールは大人気、今後形を変えることはあっても無くなる事はないでしょう。

本はやはり最強!

僕も紙の本はあまり読みませんが、Kindleなどを使って電子書籍を読んだり、論文を読んだりしています。

本を読むことで多様的な考えを身に付けることができて、さらに深い思考ができるようになることは周知の事実でしょう。

しかし本はただ読むだけではダメ、なぜならそれではただの暇つぶしなので無益な動画を見ているのと同じ、本をちゃんと読むのであれば絶対にメモを取り読書感想文を書きましょう。

読書感想文を書く勧め

Photo by Taryn Elliott on Pexels.com

読書をした後、何日もかけて本を読み切った後、本当にその本の内容を理解していますか?

さっと読んだだけではそれは本を読んでいるだけであり、本を理解している訳ではありません。

ちょっと言いすぎ?

いえいえそんな事ありません。

本を読むと文章力もあがり、単語数も増えますが、ただただ読むだけでは内容を理解している訳ではないです。

ただただ読んでいるのは字を沢山見たという行為であり本を読んだ事ではないと個人的に思っています。

ぼーっと読んでると何も内容が頭に入ってない事ありますよね

もちろん、エンターテインメントとして読んでいる本であれば感想文など書く必要ありません、僕も読んだすべての本についての感想文は書いていません。

しかし勉強用に読んでいる本はどうですか?

ビジネスに関する本かもしれません、大学で使う本かもしれません、個人的に考えを広げる為に読んでいる本もあると思います。

それらの本はただ読んだだけでは全く勉強になっていないので幼虫い。時間を無駄にしていますよ?

これからは読書感想文を書くことを意識して、付箋を使ってメモを取るなり、Kindleであれば純正のノート機能などを使って自分の考えと比べてどうだったか、他の作品又は自分の考えとコネクション(関係)を作る事はできるか、考えてみてください。

読書感想文に含める物

読書感想文に絶対に書かなければいけない事などありません。

読書感想文は自分の感想や本を読んで感じた事を書いていればいいので、「絶対に書かないといけないもの」というルールは一切なし。

青少年読書感想文全国コンクールの記載を調べても、ルールや規定などは書かれていなく、文字数や枚数などの規定のみです。

僕自身は読書感想文では本の簡単なあらすじを紹介し、そこから思考を広げています。

またほかの似ている作品や同じテーマの作品なども引用し、比較してみたり、同意している意見のまとめや考えが違う部分を集中的にとらえています。

特に一番力入れているのは論文との比較!

文字数、構成など

Photo by Skitterphoto on Pexels.com

文字数は年齢別にもなりますが、2000文字を目指して書くと良いと思います。

2000文字を超えないように、他の作品などから文章を引用してもよし、その場面で作者はどう考えていたのかを考察したり、自分ならどうしているかなどを書いています。

この2000文字、長そうで書き出すと短いです。

構成としてまずその本の感想を簡単に書き、そのあとにさらに深堀し自分の考えなどを書いていきます。

最初はイントロダクション(紹介)で始まり、簡単な本の説明から。ここでは詳しく書いてしまうと絶対に2000文字で収まらないので注意。

内容は大きく3つに分け、「テーマ・面白いと思った事・他の作品などと比べて」を書いてみましょう。

もちろん他の事を書いても良し、自分は最初はフォーマットを決めておく事で書くのが楽になると思ったのでフォーマット化していました。

この3項目を書いた後最後簡単に締めると約2000文字でまとまるはずです。

もし2000文字が大変なら、最初は800文字から始め、1000文字、1500文字と徐々に増やしてもいいと思います。

学校ではそうしているようですね、年齢ごとに文字数が増えていきます。

このブログも大体2000文字で構成されているので、そこまで長くはないと思います。

2000文字なら大体3-4分で読むことができ、このブログも読書感想文の書き方も参考にして書いています。

自分の自由に書いていい?

読書感想文は提出するものでなければ、自分の書きたいことを書いていいと思っています。

自分の「感想」を述べているだけなので、それに正解も間違いもありません。

それが学校に提出する宿題であっても、感想文に正解はないですよね。

自分がどう思ったか、その本からどんな考察を行ったか、他の作品とつなげられることはあるか、自分の人生と照らし合わせる事ができるかなどを書いているので、自分が正解と思ったらそれは正解です。

なので文字数や規定をあまり考えずに、次本を読んだときには数百文字でも感想を書いてみてください

それを公開せずに自分で書いてみるだけでもよし、発信して他の人の感想を聞いてみるのも良し、他の人の意見を聞くと思考も広がりおススメです。

フォローおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です