学校選びで最重要は「カリキュラム」

自分は今まで数回転校していますが、すべてアメリカ系のカリキュラムの学校です。というのも、途中でカリキュラムを変えるのは大変で、単位が引き継がれなかったりと様々な問題が出てきます。

 

実際に全然違うカリキュラムから転校した生徒で一部単位が引き継がれなくて取り直しになった例もありました

 

インターには大きく分けて3つのカリキュラムがあるので、どのカリキュラムが自分に合っているのか見極める必要があります。

IB(国際バカロレア)

IBは「難しい」というイメージありませんか?

IBは国際バカロレアと呼ばれ、スイスに本部を置く教育団体が運営しています。IBの単位はアメリカ以外の大学ほとんどすべてで認められていて、日本の学校でも帰国子女枠などはIBを必要としている学校も多いです。

IBは採点項目が多く、テストのみならず日常の授業態度やプロジェクトなども採点されます。

さらに合格率も他のカリキュラムに比べ低い気がします。(別に統計取った訳ではないのでしっかりは分かりません)

 

厳しい学校ではIBの中間テストで本試験を合格できる見込みが無い場合は退学処分となる学校もあります。

 

上の図がIBのテストの項目ですべてをクリアする必要があります。

そんなに難しいIB、なんでみんな目指すのか?

それはIBを持っていると大学進学に際にとても有利になり、IBのスコアを提出する事で独自の大学入試試験が免除になる大学もありというめちゃくちゃ良いシステムだからだ!

IBのテストは学校ごとではなく、IB本部から送られてくる統一試験を学校で受け採点も本部が行います。世界中のIB校で高い教育水準を保てているのは本部の審査があることも理由の一つです。

一番難しいと言われているIB(国際バカロレア)ですが、全て違うカリキュラムで比較対象では無いので世間が言う「一番難しい」という表現は間違ってます

どのカリキュラムでも難しいは難しい、学校のアプローチの方法にも差があるので厳しい所は厳しい、緩い所は緩いですがIBでは本部が採点するのでテストの一貫性が維持されているのです。

アメリカンスクール

Photo by Sharefaith on Pexels.com

 

アメリカンスクールの単位は、基本的にはアメリカの大学でしか認められていませんでした。

しかし近年ではそれも変わりつつあり、アメリカンスクールの卒業単位が他の国の大学でも認められています。

どの国も生徒が減ってきているのでちょっと前より多くの単位を認めている傾向です

アメリカンスクールはAmerican School Diplomaという卒業単位のみでは受け入れている大学も少なく、ほかにアメリカの教育団体「Collage Board」が行うテストを受ける必要があります。(2020年、2021年はコロナの為例外)

SAT

そこで出てくるのがおなじみ「SAT」と呼ばれるテストです。

SATは大学進学適正テストで、英語、数学の2科目を主にテストします。

このSATはアメリカンスクールでは絶対に避けて通れない道

しかしこれはSAT Reasningというテストで、その他教科はSAT Subjectテストというのを同時に受ける事で取れます。

そんなSAT、一言で説明するなら「日本で言う所のセンター試験」の様な物でアメリカンスクールに通う生徒ほぼ全員が一斉に受けるテスト。

ただセンター試験とちょっと違うのはSATは何度でも取り直すことができるという事!

つまり点数に納得いかなかったら次の年にもう一回取れる

ただあまりやってると留年になるから注意。多くても3回まで!!

またアメリカンスクールに通っていなくても受けることはできるのですが、アメリカ独特な問題が多い印象です。

数学の表記がインチやヤード法だったりと最初は混乱します。

 

日本の大学ではアメリカンスクールから進学の場合はこのSATを受けることが必須とされていて、平均1300点から有名大学も認めてくれる点数となります。

あの東大では約1400点ほど、これは実は頑張れば誰でも十分狙える線です。

目指せる人は頑張って!!

AP(Advanced Placement)

アメリカンスクールではAPという大学の単位を高校在学中に取ることができるという特殊難しいコースがあり、APの単位を持っていると初年度の一部の単位としてカウントしてくれます。

すると入学早々2年生の授業を受ける事もできる、ただそれ相当に難しい内容の授業です。

そんなAPについては以前記事にまとめました。

アメリカンスクール宿命「AP」とは何?

僕はマレーシアのアメリカンスクールへ通っているのですが、アメリカンスクールでは「AP」という単語をよく聞きます。 しかし「AP」は必須ではない、やる人もいれば、やら…

 

APは数十ある科目から自分が好きな教科、もしくは進学希望の大学は推奨している科目を選ぶことができ、大学初年度の勉強を高校で行います。

そしてこれはもちろん、高校の単位としても認められます。

注意として、これ日本ではあまり認められていない単位で日本の大学で初年度一部単位免除は聞いたことありません。

アメリカの大学では大体使える(名門ハーバード・イェールなどでも)のですが、AP取る前に進学希望大学に確認した方が良いです。

イギリス・ケンブリッジ式

Photo by vectors icon on Pexels.com

イギリス、ケンブリッジ式教育ではIGCSEA-levelといったテストを受けます。IGCSEはインターナショナルスクールの高校を卒業したという証になる単位で、ケンブリッジ式の高校ではIGCSE取る事が必須です。

 

IGCSE終了後は大学に進学するのですが、その際にファウンデーションコースという1年~1年半のコースを受けてから大学へ進学します。

ファウンデーションコースは大学で提供されているので、希望大学へファウンデーションコースを取る事が必要かお問い合わせください。

IGCSEで進学の場合は大体ファウンデーションコース必須です

 

IGCSEは数百の科目から選ぶことができ、学校側の制限内で科目を7-8選びます。インターナショナルスクールの多くはIGCSEを導入しています。

そんなIGCSEでの進学はあまりおすすめされていない、そこで「A-level」というテストが出てくるのです。

A-level

またIGCSE終了後に受けることができるA-levelというコースが用意されている学校もあります。

A-levelは進学希望大学が決まっていない場合に取る事がおススメ、先ほどのファウンデーションコースの代わりになります。

A-levelコースのながさは1年ー2年で、A-levelの単位を持っているとファウンデーションコースが免除となります。

実はこれは難しい問題で、IGCSE受験のみならば11年生(高2)で高校は終了、A-levelを受講するとそこに1-2年追加されます。

ただIGCSEのみならば大学でのファウンデーションコースは絶対に必要になる、A-level所持なら免除されるのでどちらとも言えません。

学校はA-levelを取る事を勧めていて、その理由として「大学の選択肢が広がる」という事があります。

「絶対にこの大学に行くんだ!」

と決めていればわざわざA-levelを取らずにファウンデーションコースに進めばいいですが、決まってなければA-levelを取る方が無難です。

IGCSEでも「進学はできる」訳ですが、おススメなのはA-levelまで頑張って取る事のようです。

一番良いのは?

ここまで色々言ってきましたが果たして一番良いカリキュラムはずばり・・・とここでは断言はできません。

それぞれ違う特徴があり、将来の進学希望や勉強のスタイルなど人それぞれで合う教育スタイルも変わってきます。

IB(国際バカロレア)は有名校を受験するのに適していますが、難易度は高め、そして学校外での授業時間も多いので自由な勉強スタイルが良い方へは向きません。

しかしアメリカンスクールの単位は認められる学校も少いですが、比較的自由な勉強スタイルでまた授業内もテストメインでは無い勉強が多いのが特徴です。

そしてIGCSEはバランスが取れていてイギリスを始め世界各国で認められる単位ですが、大学進学時にはファウンデーションコースを取る必要があります。

それぞれメリット、デメリットあるので自分の勉強スタイルに合った学校を探すのが重要です。

学校選びの際にカリキュラムについても少し考えてみてください。

フォローおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です