【IT最強大学】APUのキャンパス見学してみた。

今回はクアラルンプールにある、「APU」アジアパシフィックユニバーシティへ見学に行ってきました。

この名前を聞いて九州にある立命館APUを思い浮かべた方も多いと思いますが、そう、APUは日本にもあります。

しかし立命館APUとはこれは全くの別物。クアラルンプールにあるAPUは「Asia Pacific University of Technology & Innovation (APU)」というテクノロジーやITに特化したちょっと特殊な大学です。ITを勉強するにはマレーシアで最強の大学でもあります!

APU大学

APUはクアラルンプールの南側に位置する、テクノロジーやITに特化している大学。ITの他にもビジネスやファイナンスのコースはありますが、文系のコースはありません。

APUの正面玄関にあり、ひと際目立っているこの青い車は「Invictus」というAPU/APIITが開発した車。ベースはマレーシアの国産車であるProton Personaを元に改造しています。

同プロトンが主催する「Proton DRB-HICOM Creative Car Challenge 2018」で見事優勝しました。

AIを搭載したヘッドライト、カメラ式サイドミラー、顔認証システム、完全デジタルスピードメーター、タッチスクリーンダッシュボード、レーダーシステムなどを搭載し、デザイン組み立ては全てAPUの生徒が行いました。

これは凄い!

Asia Pacific University of Technology and Innovation in malaysia公式ウェブサイト

コース内容

APU公式サイト引用

APUでは様々なIT系のコースが提供されています。サイバーセキュリティーやAIが一番の強みのコースで、なんとアジアには2つの大学にしか設置されていないというサイバーセキュリティ専用のサーバールームもあります。

APUでは上の「Digital Transformation for IR4.0」という物に力を入れていて、これからの時代に一番必要なスキルを身に付けるコースです。

この中にはサイバーセキュリティーやデータサイエンス、クラウドコンピューティング、E-ビジネス、デジタルマーケティングなどが含まれています。APUの生徒はこれらのコースの中から自分の興味のあるコースを選び、学ぶ事が出来ます。

さらにAPUは様々な企業と連携していて、その業界の最新のシステムをAPUにいながら使う事ができます。

銀行やネット販売プラットフォーム、テレビ会社などからAPUへ定期的に視察にも来ていて、大学在籍中にこれらの企業でインターンとして働くことも可能だとか。

実務経験も大学在籍中にできる、それもパートナー企業も世界的に有名なあの会社やマレーシアで知らない人はいないあの会社などもありました。

APUの卒業後マレーシア就職率は驚異の「100%」というのも、大学が色々な企業と提携しているのが理由の一つです。

ちなみに現在APUには100人以上の日本人生徒がいて、日本人に一番人気なコースはコンピューターサイエンスの様です。

キャンパス

APUのキャンパス面積は1万名以上の生徒が在籍しているにもかかわらず、そこまで広くないです。面積は最小限で、階層を増やす事で上に狭く上に伸びている印象。

多分十分広いんだよ、、、今まで広すぎる学校や大学を
見すぎたから小さく感じてしまいます。

画像の左側はそのほとんどが教室になっていて、大、中、小、様々なサイズの教室があります。

大きな教室では約200名の生徒が入る事ができ、(写真は新型コロナウイルスの影響でクラスキャパを50%以下にしていますが)教師が前に立ち、スクリーンを使って対面式授業を行います。

このクラスでは一人一人の生徒の授業参加率は少なめ、主にセミナー式授業に使われています。

小さめのクラスになると約10名-20名ほどで授業が行われ、こちらでは生徒はどんどん参加して質問ができます。

少人数のクラスはGeneralCourse以外の授業で使われるのが多く生徒参加型の小さい、さらに専門的な授業で使われるみたいです。

これも対面式授業ですが、セミナー式の授業と言うよりは生徒中心式の授業でこれは密度の濃い勉強が出来そうです。

IT特化型の大学だけあり、パソコンルームは校内の至る場所にあります。

APUではMac,Windowsの両方の部屋が用意されていて、対応プログラムなどによって使い分ける事が可能。

そしてちょっと驚いたのがVRの教室。この部屋ではVRの勉強、VRを使ったプログラムの勉強が出来ると言います。この辺を見ると、本当にITに特化した大学だという事がわかる。中々VR専用の部屋がある大学は今まで見てきた大学で初めて!

サイバーセキュリティーを勉強する専用の部屋には映画でしか見た事のないような光景が広がっています。

本当にこんな部屋があるとは、、、映画でITを好きになったこの部屋に憧れがあった人にとっては夢の空間です。

これこそ、セキュリティー対策本部部屋で、サイバーセキュリティーを勉強できます。

実際に24時間ずっと動かしていて、通信を見る事ができるらしいのでこれは本物。

担当者曰くこのシステムを大学として導入しているのは「アジアで2校のみ」らしいです。(もう1校は中国の大学)

その他設備

教室や勉強部屋以外にも設備は整っていて、大学内に専用のクリニックが用意されています。テストの前になると頭痛の生徒が沢山・・・と案内してくれた人が言っていたが真実は如何に??

専用のクリニックがあるので体調が悪くなった時にはすぐに対応できる設備が整っています。このクリニック、X-線まであったのには驚き。

カフェテリアも結構綺麗??他の大学の食堂を見た事がないですが、さすが生徒数が多いだけありメニューの種類も豊富。中華、洋食、マレーシア料理などなど様々な種類があります。

ただ、1万人が入れるほどの食堂の広さには感じられなかった、というか食堂はオープンエアで少し暑そうでちょっと小さめか? 

結構多くの生徒は歩いてそばのお店に食べに行くらしいです。確かにギリギリ歩いていける場所に簡単なショッピングモールがあり、飲食店が入っていました。

寮もあるのですが、不動産屋か!と突っ込みたくなるほど寮の説明をしっかりとしてくれて、情報量が多すぎるのでAPUの寮は寮だけでまとめた記事を書きます。寮内にはコインランドリーやジムなどの設備がありました。

そんなAPUの寮はこちらの記事で詳しく紹介しています。

IT最強のAPU「寮見てみた」

クアラルンプールにはたくさんの大学がありますが、今回はその中でも自分が気になっている「APU」へ見学へ行かせてもらいました。 APUのキャンパスや設備などは前編の記事…

詳細

そんなAPUの位置情報はこちら:

クアラルンプール市街地から車で20分程度、そんなに遠くなく住宅エリアも近い(とはいっても車が無いと不便)なので良い環境。

周りにはAstroの本部やらがあったりしてこのエリア一体はまだまだこれから開発されそうです。

フォローおねがいします!

【IT最強大学】APUのキャンパス見学してみた。” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です