テレビを超えた「Win Win Wiiin」

先日雨上がり決死隊の宮迫博之さん、オリエンタルラジオの中田敦彦さんがYouTubeの番組を立ち上げその動画が公開されました!

急上昇ランキングにものる勢い、そして今までのYouTubeとは違う画期的なこの動画には感銘受けました。

「Win Win Wiiin」が今後のYouTubeに与える影響、またテレビ業界に与える影響を前編、後編を全て見て、メイキングまで見た僕が考えてみました。

Win Win Wiiin

WinWinWiiin

宮迫博之さん、そして中田敦彦さんが始めた新しいYouTube番組「Win Win Wiiin」が遂に公開されました。

この番組については以前からささやかれていて、ネットニュースでも報じられていましたね。

そんなWin Win Wiiinの第一回目のWinner(ゲスト)はあの手越祐也さん。

ジャニーズを退所し個人での活動を最近始めた、第一回目に一番ふさわしいゲストさんではないでしょうか?

Win Win Wiiinではこのように毎回ゲストさんを招き「エクストリームトーク」をするトーク番組となっています。そして3者とも勝つ、そこで「Win Win Wiiin」という番組名になっているようです。

新感覚YouTube

今までYouTubeは個人が行っている物が多かった為動画はテレビ番組とは違うスタイルでした。セットなどは用意していなく、少数のスタッフで動画撮影が行われています。

しかしそんなYouTubeの常識を覆した「Win Win Wiiin」はまるでテレビ番組の様なセットに編集、撮影もテレビを超えたか?とも思うレベルです。

スタッフの数も立派なテレビ番組、編集などもこだわっていて日常のYouTubeというよりは本当に「番組」が作られその公開場所がテレビではなくYouTubeになったまでです。

この感覚は今までのYouTubeでは考えられなかったクオリティで、視聴者からしてみればその動画公開場所などどうでもいいのです。

方やテレビをつけると見える、方や携帯を開くと見れる、またWin Win Wiiinはライブ配信ではないので動画が残りいつでも再生できる状態です。これは忙しい現代人にとってとても良いメリットではないでしょうか?

事務所云々を超えたすごい番組

実はWin Win Wiiinは事務所関係の問題を超えた、スポンサー問題も超えたすごい番組なのです。

設立当初の現在、メインスポンサーさんはあの「Locondo」さん。宮迫さんをバックアップしていて個人チャンネルなどでも出されていました。

なのでテレビ番組以上に自由に番組の進行ができるでしょう。そして編集チームも宮迫さん、中田さんのチームが行っているのでカットする場面も自由。テレビのように時間制限もなくかなり自由度の高い番組になっています。

さらに中田さんは現在でも吉本興業に所属、宮迫さんは契約解消後フリーで活動中、事務所関係の問題を超えた番組になっています。

第一回のゲスト手越祐也さんもフリーと事務所に縛られず本人の意思を貫き喋る事が出来る番組は本当に少ないのではないでしょうか?

このコンビが番組を始め、テレビではできないような事にも踏み入った話を行い、それを配信する。またゲストさんも普段のテレビ番組では事務所やスポンサーからNGといわれている事でもこのWin Win Wiiin上ではできます。

そんな場所が出来たという事はとても新しいですね。

今後のゲストにも注目しています。

テレビ業界の危機

このWin Win Wiiinのクオリティ、そしてプロデュース力はすでにテレビを超えたと思いました。見ている側の意見ですが、見ていてテレビを超えたと思わせるほどの企画、これはテレビ業界にも危機が迫っていると見ます。

現代人はテレビを持たずにテレビ番組を視聴しない人も増えていて、YouTubeなどの動画を見ている人が多い。そんなYouTubeという今一番熱いプラットフォームでテレビ同等、もしくはそれ以上のクオリティの番組を放送するという企画力は本当に凄いです。

実は僕もテレビはほとんど見ないのですが、YouTubeは見ます。YouTubeの良い所は時間いつでも、時に巻き戻しや一時停止もしたり自由に動画を視聴できる事です。

またスポンサー問題や事務所問題にも縛られる事なく発言できる番組が出来たという事は芸能人の方にとっても大きいでしょう。

今後YouTubeというプラットフォームにさらに番組が公開されるようになったらそれこそテレビ見なくなります。

視聴者の感想

僕はただの1視聴者であり、視聴者側の目線でこの記事を書いています。ただただこんな番組が出来たのかと感銘を受け、とても気に入ってしまったのでみなさんにももっと見てほしい!

視聴者は事務所関係問題や、番組が公開されるプラットフォームにそこまで興味ありません。実際に興味あるのは番組の内容、そして出演者です。

なので番組が公開される場所やプラットフォームは別になんでもいい。

その番組が見れるのであれば別にどのテレビ会社でもいいですよね?絶対にありえないですが例えば同じ内容の物がテレビ会社Aとテレビ会社Bで公開されていたとしたら視聴者は別にどっちでもいいと思います。テレビ会社Aの方が云々、Bの方は丸々だから、、、なんて考えません。

面白い内容の番組が提供されていたらその番組を見る、好きな演者さんが出ていたらその番組を見るまでです。

なので動画も残る、そして一時停止や巻き戻しもできる、好きな時にいつでも何回でも見れるYouTubeで番組が公開されたという事は視聴者にとってもWinな関係でした。

そんなWin Win Wiiinはこちらから視聴できます。

フォローおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です